『No Man’s Sky』ビジュアルを一新する最新アップデート「Prisms」配信 ─ 巨大カブトムシやフライングワームなどに乗って飛行することも可能に

スポンサーリンク

『No Man’s Sky』のビジュアルを一新する最新アップデート「Prisms」が配信開始されました。

スポンサーリンク

No Mans Sky Prisms Trailer

No Mans Sky Prisms Trailer

アップデート内容(一部)

  • 新しいスタイルのボリューメトリック・ライトにより、スターシップやビークルのライト、環境エフェクトなど、様々な分野のライティングが改善。
  • オーディオとビジュアルのワープエフェクトが完全に再構築され、ドラマチックな星間体験を実現。
  • 洞窟は完全に再構築され、新しい照明効果、より詳細な環境、より多様な生成物が追加。
  • 新しいパララックス・オクルージョン・マッピング技術により、惑星の構造物やスペースアノマリーに、より詳細なテクスチャと奥行きがもたらされた。
  • 空に浮かぶ星の種類、質、数が大幅に改善。
  • 雨のエフェクトが大幅に改善され、嵐に新しい方法で命を吹き込む。雨が降り続くと地面やその他のオブジェクトに水が付着し滑りやすくなる。
  • エクソスーツのトーチのビジュアルエフェクトが改善。
  • 新しいライティング技術により、光の屈折が追加。この新しいエフェクトは、ガラス製のベースパーツ、スターシップのコックピット、フォースフィールドなど、宇宙のあらゆる場所で見られる。
  • スペース・ステーションの格納庫が劇的に見直され、全く新しいビジュアル体験が可能に。
  • フォトモードでは、被写界深度の品質とコントロールが大幅に改善。さらにブルームの設定を手動でコントロール可能に。
  • コンパニオンとして採用できる生物の種類が大幅に増加。遭遇するほぼ全ての生物を網羅。
  • 隕石や落雷などのハザードは貴重なオブジェクトを生み出す可能性がある。
  • 新しい貨物船を購入すると、既存の貨物船ベースが自動的に移動し再構築される。基地のレイアウトは、貨物船アップグレードコントロールターミナルからいつでもリセット可能。
  • 巨大なカブトムシや空飛ぶミミズなど、低空飛行する生物を仲間にすることが可能に。騎乗することで、惑星探査の新たな楽しみが生まれる。