『Horizon Forbidden West』マップは大きさよりも密度にフォーカス、自由なクライミング、スキルツリー刷新…など。開発者インタビュー簡易まとめ

スポンサーリンク

ゲリラゲームズが開発中のPS5/PS4用ソフト『Horizon Forbidden West』の開発者インタビューが複数のメディアに掲載されたのでご紹介します。

スポンサーリンク

開発者インタビュー情報

ファミ通.com

  • 本作の開発がスタートしたのは前作DLC開発終了後。
  • 前作から6ヶ月後の物語。アーロイは生命に危険をもたらす“赤い腐食”の原因を突き止めるため西部へ旅立つ。
  • マップは広くなったというよりは密度が増加。
  • 物語や謎は前作よりも濃くなっている。
  • 技術面でも前作より進化。水中のレンダリングは特に向上している。
  • 潜水マスクにより息継ぎをせず好きなだけ水中探索が可能。なお水中では隠密行動が基本に。戦う場合は陸上に誘い出すのが効率的。
  • 機械獣は、前作と新たなものを合わせると数十体が登場。
  • フォトモードはもちろん実装。
  • 発売時期はまだ言えない。内容に自信を持てるタイミングで発表したいと思うが、そう長く待たせることはない。

Game Informer

Horizon Forbidden West Devs On New Abilities, Release Window, And More
  • ゲームの多くはPS4で開発しており、現在もPS4でプレイテストを行っている。
  • PS5版はPS4とは異なる水の表現方法を採用。
  • 完全な3DオーディオとDualSenseのサポート。
  • 全面的に刷新されたスキルツリー。
  • コンボを備えた新たな近接戦闘。
  • 多様なバイオーム。
  • アップグレードのための新しいワークベンチシステム。

IGN

  • 登頂ルートが限られていた前作とは異なり、自由なクライミングが可能に。登れる場所はスキャンで判別できる。
  • マップは少し大きくなっているが、それよりも密度にフォーカスしている。多数のコンテンツを追加してマップ全体でプレイヤーが出来ることを増やし、さらに小さなストーリーを伝えることで、それらのコンテンツを魅力的なものにすることを目指している。
  • 人間の敵もアーマーを装備。機械のように攻撃して装甲を剥がすことができる。人間に対してもフォーカススキャンが可能。

ソース:ファミ通 / IGN