“何度も解き直せる”がコンセプトのSFミステリーADV『EDEN.schemata();(エデン・スキマータ)』発表。シナリオは『ルヴォワール』シリーズや『虚月館殺人事件(Fate/GrandOrder)』の円居挽氏

スポンサーリンク

Why so serious?のインディーゲームブランドWSS playgroundは、PC(Steam)用タイトル『EDEN.schemata();(エデン・スキマータ)』を発表しました。

スポンサーリンク

『EDEN.schemata();(エデン・スキマータ)』について

EDEN.schemata(); (エデン・スキマータ)1st PV

『EDEN.schemata();』は、「首のない死体」、「密室」の研究室、「手足のないアンドロイド」の容疑者兼ヒロイン……、そして「記憶喪失」である主人公が目覚めるところから始まるマルチエンディングSFミステリーADVです。ゲーム内の行動によってゲームデザインがUIとともに移り変わっていくのが特徴です。
スチームパンク風で独特の色合いのアートワークと、全編にわたって動くキャラクターアニメーションが特徴ですが、それはすべて一人のアニメーターによるものです。

円居挽(「ル・ヴォワール」シリーズ・「虚月館殺人事件(Fate/GrandOrder)」)が書き下ろすマルチエンディングシナリオは、繰り返しプレイすることで、次々に新たな事実が浮かび上がり、真相へと迫ります。新たな事実が明らかになるたびに、UIそのものが変化し、ゲームの前提が変化していく、新感覚のADVゲームです。

Story

「また会いましたね、はじめまして」
「博士」と呼ばれる首なし死体を前に、アンドロイドの「イヴ」から語りかけられるあなた。

すべての記憶を喪失している「あなた」は、「博士」殺害の容疑者であるアンドロイドの「イヴ」と共に、この事件の真相を解き明かさねばならない。

閉ざされた研究室の中で、繰り広げられる推理と、次々と明らかになる事実。

ゲームでしか挑めない、新しいミステリの形を、お楽しみください。

手描きアニメーションで描かれるキャラクター

主人公
記憶喪失で自分が何者かわかっていない。少し頼りない。

イヴ
アンドロイド。主人公が気がつくと「博士」の死体の前に佇んでいた。ヒロインにして、容疑者。

博士
イヴの創造主。主人公が目覚めたときには首なし死体となっていた。

ケル
統合法規インターフェース。罪を取り締まるAIのようなものだが、なぜか女児口調で煽り気味に話しかけてくる。

ゲームの進行によって変化するUI・ゲームデザイン

ゲームの進行に応じて、UIやゲームデザインも変化していきます。ストーリーとUIが寄り添い、ゲームデザインが変化することで全編を通して新鮮な感覚のトリックを体感できます。

メインスタッフ・コメント

シナリオ:円居挽
『ルヴォワール」シリーズ
『虚月館殺人事件(Fate/GrandOrder)』

企画当初は「先人が散々掘り尽くしたミステリゲームの世界で今更自分にやれることがあるのか?」という気持ちでしたが、開発が進むにつれ「もしかするとゲームというメディアでならば理想のミステリを実現できるかもしれないな」と考え直しました。今回のコンセプトは「何度も解きなおせるミステリ」です。いわゆる多重解決とはまた違った、ゲームにしかできない謎解き体験をお楽しみ下さい。

ディレクション・開発:EIKI`
『幻走スカイドリフト』『終わる世界とキミとぼく』

ADVというのは実際の所ノールールの異種格闘技戦だと思います。鮮烈なビジュアルとシナリオに負けない新しいADVの常識破りをお届けします。

キャラクターデザイン・アニメーション:ゆたろう
「【東方手書き】さっきゅんライトでアニメ作ってみた」https://www.nicovideo.jp/watch/sm7905073
「【FRENZ 2015】東方妖々夢 ~the maximum moving about~ ショートPV風」https://www.nicovideo.jp/watch/sm27209687
ゲームのキャラクター表現、ことADV形式の立ち絵表現において今あえて手描きのアニメーションで動かす意義とは何だろうか?「おれには、これしかないんだ!」だけで終わらない答えをなんとか提示したいと思いながら、ADVのレイアウトでアニメーションが持つ快感や生らしさを発揮できるよう、描いています。

サウンド:RD-Sounds(凋叶棕)『サクラメント』(『バチカン奇跡調査官』ED)
『絶対的一方通行 ~Unreachable Message』(東方Projectアレンジ楽曲)
物語とは、つまるところ絵と音とお話の融合です。
ゲームシーン、操作、BGM、SE、ストーリー、ビジュアル……。ゲームにおいて「物語」を語るために、それら全ての融合のために、音からできることを突き詰めたいと思います。