『アサシンクリード ヴァルハラ』片手剣が近日中に実装。拡張コンテンツ第2弾「パリ包囲網」は2021年夏、無料アップデート「ディスカバリーツアー:ヴァイキングの時代」は2021年秋にリリースへ。さらに2年目も新コンテンツの配信が決定

スポンサーリンク

ユービーアイソフトは、発売中の『アサシンクリード ヴァルハラ』について、ユーザーから要望があった“片手剣”を近日中に実装予定と発表しました。また、拡張コンテンツ第2弾「パリ包囲網」は2021年夏、無料アップデート「ディスカバリーツアー:ヴァイキングの時代」は2021年秋にリリース予定とのことです。

「パリ包囲網」では、ヴァイキングの歴史上もっとも野心的な戦いがフランク王国で巻き起こります。エイヴォルは戦士団の未来を守るため敵の秘密を暴き、そして同盟を結ぶため全力を尽くします。今回の拡張では、「ブラックボックスミッション」が復活。このミッションでは最終目標は設定されていますが、達成手段は自由です。新しいアビリティ、武器と防具、敵キャラクターが登場します。

「ディスカバリーツアー:ヴァイキングの時代」では、世界を旅しながらヴァイキングの歴史を深く学ぶことができます。ヴァイキング時代に生きる人々のロールプレイを楽しみながら、大小さまざまな体験を味わえるだけでなく、特別な報酬も獲得できます。

さらに、シリーズ初の試みとして2年目も新コンテンツの配信が決定しました。さらなる拡張コンテンツを来年に向けて鋭意開発中とのことです。