Steam版『NieR: Automata』様々な調整と不具合修正を行うアップデートが7月16日に配信へ

スポンサーリンク

スクウェア・エニックスは、Steam版『NieR: Automata』のアップデートを7月16日に配信すると発表しました。内容は以下の通りです。

スポンサーリンク

調整内容

  • Borderless Video Setting
    ボーダーレスビデオ設定が実装されます。
  • FidelityFX
    FidelityFX CAS 機能が追加されます。
  • HDR
    Windowsの「ディスプレイ設定」でHDR機能が有効になっているどうかを自動検出し、有効になっている場合は、自動的にHDRモードで起動します。
  • アンチエイリアス
    アンチエイリアスの機能が調整されます。
  • UIテクスチャ(4K)
    アイコン、背景、UIエレメントなど約270のUIのテクスチャが4Kに対応します。
  • カットシーン
    ビットレートを改善し、プリレンダリングされたすべてのカットシーンに調整が入ります。60FPSで再生され、画像を引き伸ばさず正しいアスペクト比で表示されます。
  • グローバル・イルミネーション
    新規機能のグローバル・イルミネーションが実装されます。
  • High / Medium / Lowのレベルが選択可能です。
    アンビエントオクルージョン/ブルーム
    アンビエントオクルージョンとブルームのレンダリングターゲットは、ゲームの解像度に基づいて「解像度ダイナミック」(resolution dynamic)に変更されます。

不具合修正内容

  • Alt+Enter キーを押下すると最近設定された表示モードによってスクリーンモードがフルスクリーン<->ウインドウモードまたはボーダーレス<->ウインドウモードに切り替えることが可能となります。
  • コントローラーを使用する際に、マウスのカーソルが非表示となります。
  • デフォルト設定においてフレームレートが60FPSで安定します。
    その他の安定性の修正を実施しました。