『ウィッチャー』シリーズのCD PROJEKT REDが贈る新作オープンワールドRPG『サイバーパンク2077』国内向け詳細情報が到着!日本語字幕トレーラー&4Kショットと共に掲載

『ウィッチャー』シリーズで知られるCD PROJEKT REDが開発中の新作オープンワールドRPG『サイバーパンク2077』の日本国内け詳細情報が公開されました。CD PROJEKT RED Japan 公式Twitterが投稿した日本語字幕付きトレーラー、そして美麗な4Kスクリーンショット(一部コンセプトアート)と共にご紹介します。

<詳細は以下へ>

『サイバーパンク2077』メーカーリリース

サイバーパンク2077-光なき近未来世界を生きる、オープンワールドRPG
「ウィッチャー」シリーズを手掛けたCD PROJEKT REDが送る、近未来が舞台のオープンワールドRPG「サイバーパンク2077」の最新情報が解禁!

「サイバーパンク2077」は、マイク・ポンスミスによるテーブルトークRPG「サイバーパンク2.0.2.0.」に基づいて開発された、物語主導型のオープンワールドRPGです。

近未来の巨大都市“ナイトシティ”を舞台に、新鋭のサイバーパンク“V(ヴィー)”を主人公として物語は展開します。プレイヤーは “V”の性別、外見、クラス、生い立ちを自由にカスタマイズすることができ、キャラクターの成長はあらゆる面でゲームプレイに影響します。

数十時間におよぶメインストーリーに加え、多様なサイドイベントが用意されたナイトシティでは、プレイヤーが退屈することはありません。“V”の一人称視点ですべてを体験し、インタラクティブな会話システムを通じて主体的に物事を決断することで、プレイヤーは常にストーリーの中心人物であり続けます。

CD PROJEKT REDといえば、プレイヤーの選択が結果に影響するストーリーテリング手法ですが、その特徴は「サイバーパンク2077」でも健在です。摩天楼が建ち並ぶナイトシティの一員となったプレイヤーには、ゲーム全体の流れにも影響しうる、数多くの困難な選択が訪れるでしょう。

「サイバーパンク2077」は、PlayStation 4、Xbox One、PCで発売予定です。

本作概要

国家が権力を失い、巨大企業群が支配者として君臨する2077年アメリカ。摩天楼の要塞に住む人々がすべてを決める一方で、遥か下界のストリートでは、今日もギャングやディーラー達がクスリや違法ブレインダンスの売買に勤しんでいる。中間に位置するのは、薄っぺらな人間関係とハリボテだらけのポップカルチャー。そこに暴力と貧困がスパイスとして加わり、叶うことのないアメリカンドリームを追い求める人々で溢れる、眠らない都市ナイトシティ。

冥冥としたこの世界では、いかに自己を確立できるかが鍵となる。他人の力を借りずに生きるには、高品質なサイバーウェアで身体を強化し、リスクの高い仕事に手を出すしかない。誰からの干渉も受けず、自らの意志にのみ従う… それがサイバーパンクの生き様だ。

サイバーパンク2077では、プレイヤーは新鋭のサイバーパンク “V(ヴィー)” を操る。サイボーグ化したストリートの不良共や技術オタクのネットランナー、冷血な企業戦士がうろつくこの世界で、命がけのエッジへと足を踏み出すのだ。

近未来の傭兵となり、ストリートを駆け巡れ 全米一危険な都市を生き抜くヒーローを作り、成長させよう。

  • 主人公をキャラクターメイク- サイバーパンク2077では、主人公“V(ヴィー)”の性別、外見、生い立ちを自由にカスタマイズできる。キャラクターの成長はあらゆる面でゲームプレイに影響。街中での戦いやネットでの情報戦を通じてスキルを上げ、暗視機能付きの眼球や反射神経ブースターといったサイバーウェアで身体を強化しよう
  • 非固定式のクラスシステム- サイバーパンク2077に登場する3つのプレイヤークラス “ネットランナー” “テッキー” “ソロ” は、固定の職業ではない。全クラスから好きなアビリティを選択し、キャラクターを自分だけのサイバーパンクへと成長させよう
  • 一人称視点の採用- サイバーパンク2077のジャンルはFPP-RPG(一人称視点RPG)。主人公の視点ですべてを体験し、ストーリーへの没入度を最大限まで高めるのが本作のデザインコンセプトとなっている
  • インタラクティブな会話操作- プレイヤーは会話の主体者であり、観察者ではない。サイバーパンク2077ではインタラクティブな会話システムを採用し、会話中に取れるアクションの数を可能な限り増やしている。敵意を向けるキャラクターに対してタトゥーを褒めて機嫌を取るもよし、弾丸をぶち込んで早々に会話を終わらせるもよし、全てはプレイヤー次第だ
  • ゲーム・ノワール- サイバーパンク2077ではフィルム・ノワールの要素が取り入れられ、成熟したストーリーテリング手法をもって物語が語られる。主人公はさまざまな人間と結びつく中で、必ずしも善悪の二元で定義できない数多くの困難な選択を迫られる

舞台となるのは巨大退廃都市

夢見る者が集う場所、ナイトシティ。この街で成功すれば、何一つ不自由のない生活を送れるだろう。だがひとたび企業の機嫌を損ねると、脳みそに風穴が空くことになる。

  • 広大なマップを自由に探索- ナイトシティは完全なオープンワールド。どこへでも自由に移 動ができ、何をしてもいい… 但し準備を怠った場合、命の保証はできないぞ。シティには6つの地区が存在し、数百という建物や部屋に入ることが可能。この街の辞書に“退屈”の二文字はない。さあ、ドライブに出かけよう
  • 自己への投資を惜しむな- サイバーパンクたるもの、常に装備には気を配ること。デザイナーファッションに身を包み、自分好みの車両を購入(もしくは窃盗)しよう。ブラックマーケットで軍用ギアを手に入れれば、ミッション攻略に役立つだろう。稼いだ報酬でシティのさまざまな施設に投資することもできる
  • ネットにジャック・インして情報を取得- ナイトシティはネットで繋がれ、あらゆる場所からサイバー空間にアクセスできる。だがネットには怪しげなシステムやファイヤーウォール、保安プログラムが幾層にもわたって存在し、侵入者の脳を焼こうと待ち構えている。ミッションにおいては、企業の巨大タワーを守る敵性ネットランナーと遭遇し、サイバー空間と現実世界の両方で刃を交えることもあるだろう

ナイトシティの闇に葬られた真実とは…

ストーリードリブンなゲームデザインを追求し、かつアクション要素も豊富なサイバーパンク2077。メインストーリーは最高のシングルプレイ体験を提供することを主眼に置き、数十時間におよぶゲームボリュームを提供。さらに多数のサイドクエストやストリートストーリーを取り揃え、世界観にどっぷりと浸りたいハードコアプレイヤーと、気軽にアクションを楽しみたいゲーマーの両者に適した作品となっている。CD PROJEKT REDを象徴する、選択に応じて結末が変化するストーリー展開手法は、本作でも健在。ナイトシティを舞台にした物語は、プレイスタイルに応じて全く異なる展開を見せる。どんな結末を迎えるかはプレイヤー次第だ。