『アサシンクリード シンジケート』海外レビュー解禁!「フランチャイズが調子を取り戻した傑作」

assassin-creed-syndicate_150717
アサシン クリード シンジケート【数量限定初回特典】オリジナル アートブック付&追加ミッション「ダーウィンとディケンズの陰謀」がプレイ可能になるスペシャルコンテンツコード同梱

ユービーアイソフトのPS4/XboxOne/PC用ソフト『アサシンクリード シンジケート』の海外レビューが解禁されました。現状最も多くのレビューが掲載されているPS4版メタスコアは「78」となっています。

  • Game Informer: 9.0/10
    シリーズお馴染みのパーツもあるが創意工夫に富んでおり、停滞した要素を捨てていこうという意気込みが感じられる。クールな舞台設定、印象的なキャラクター、豊富なコンテンツなど、本作には傑作『Assassin’s Creed』に必要な要素がすべて詰まっている。
  • GameSpot: 9.0/10
    ガッカリなラスボス戦と一部の操作性に問題を抱えているが、本作の魅力を減じることはできない。フランチャイズが調子を取り戻した傑作であり、心と魂の詰まった美しい構成の物語を提示してくれる。ゲームプレイとストーリーテリングの輝かしいお手本。
  • God is Geek: 9.0/10
  • Eurogamer: おすすめ
    印象的なキャラクターたち、楽しい脚本、そして何よりもシリーズの楽しさを取り戻してくれたことが、『Syindicate』の遺産となることを願っている。
  • ZTGD: 8.5/10
  • Polygon: 8.5/10
    このフランチャイズにとっては実に久しぶりに、一様にポジティブな方向へと一歩踏み出している。
  • IGN: 8.2/10
    『Black Flag』以来最も楽しい『Assassin’s Creed』で、本作の方が気に入っている。ビクトリア朝設定と新グラップル銃が持つ豊かな可能性で楽しませてくれる。ストーリーミッションは異なる勢力範囲を掘り下げることで、この都市を最大限活用しており、大量輸送機関、重工業、警察組織といった要素が絡み合うことで、従来シリーズとは異なる感覚を持つ街であることが実感できるだろう。
  • Softpedia: 8.0/10
  • Dealspwn: 8.0/10
  • Games Radar: 4.0/5.0
    ビクトリア朝ロンドンは凄まじしいオープンワールド。Evie&Jacobの関係、そして脚本はシリーズ最高峰。古臭いsゲームプレイという問題点は残っているが、隠し刃を振り回すのがここまで楽しいのは久しぶり。
  • USgamer: 4.0/5.0
  • The Escapist: 4.0/5.0
  • Attack of the Fanboy: 4.0/5.0
  • Digital Spy: 4.0/5.0
    『Unity』よりも遥かに安定している。契約殺人や各所からのジャンプがこれほど充実しているのは、偉大なるEzio Auditore da Firenzeの時代以来だ。
  • Game Rant: 4.0/5.0
  • CGMagazine: 7.5/10
  • GamesBeat: 75/100
    ストーリーミッションは期待通りだが、手応えはあまりない。パズルはシンプルだし、戦闘もシンプルなボタン連打。グラフィックも色々な面でシンプルになっている。ストーリーライン自体はかりの長さで、過去作の壮大なドラマ性と比べると、少々弱く感じる。
  • TheSixthAxis: 7.0/10
    ○忠実に再現されたロンドンと美しいグラフィック。手応えを感じられる戦闘。
    ×操作性が不安定。底の浅いミッション。
  • We Got This Covered: 3.5/10
  • Hardcore Gamer: 3.0/5.0
    『Unity』のような破綻した惨劇ではないのは確かだが、ある意味では前作よりも穴だらけと言える。単純にプレイしていて楽しくない。

関連リンク
 ・Choke Point

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事