『白衣性愛情依存症』浅倉杏美さん、加隈亜衣さんなどメインキャラクターのキャストが発表!

hakuai_150129 (4)

工画堂スタジオは、4月30日に発売を予定しているPS Vita用ソフト『白衣性愛情依存症』について、メインキャラクターのキャストを発表しました。

スポンサーリンク

メインキャラクターのキャスト公開

  • 主人公「大幸あすか」CV:浅倉杏美
  • 「大幸なお」CV:加隈亜衣
  • 「天藤いつき」CV:原由実
  • 「武田さくや」CV:田村ゆかり
  • 「大原かえで」CV:今井麻美

キャラクターエピソード

あすか

hakuai_150129 (1)持ち前のお気楽な気質もあり、ゆるゆるとクラゲのように流されながら学生生活を過ごしてきた、大幸あすか。のんびりした性格は、進路選択にも影響し、高校生活の後半に差しかかっても、あすかには具体的な将来の目標がなかった。

高校三年のある日、進路を決めかねていたあすかは、困った末の現実逃避として自分の部屋の片づけを始めた。
そんなとき、しまい込んでいた一冊の絵本『ほしをおうひと』が目に留まる。
小さいころお気に入りだったその絵本を開いてみると、最後のページに幼いころの自分の文字で、『かんごしになる!』と書かれていた。

あすか自身、なぜ当時の自分が看護師になりたいと思ったのか、動機がまったく思い出せない。あすかは、小さいころに木から落ちて大けがを負ったのが原因なのか、幼少期の記憶が非常にあいまいなのだ。もしかしたら、その怪我の治療体験に動機があるのかもしれないけれど、そのあたりもうまく思い出せない。

それでも、何もないよりは、手探りで夜空の星に手をのばすように――かつての自分があこがれた『かんごし』を目指してみようか。

絵本に背中を押されるように、看護学校への進学を決意する。
妹・なおの強烈なバックアップを受けて勉強し、物語の舞台となる帝都看護専門学校の門をくぐることになる。

hakuai_150129 (2)

hakuai_150129 (3)

なお

hakuai_150129 (8)手をかざすことで患者の痛みを和らげ、傷をいやす――
そんな不思議な力『癒しの手』を持つ人が極々まれにいるらしい。

それは一種のおとぎ話。実際にお目にかかれるものじゃない。
ただ、大幸なおには、対『お姉ちゃん』限定で、特別な力が備わっている。

毎年梅雨時に偏頭痛に襲われるあすかのために、なおはおまじないをかける。
すると、まるで魔法のように、あすかの痛みは去っていく。

『――ケデント・ニ・マーヤ・ノイタイ・ノイタイ――』

姉妹でおでこをくっつけて、おまじないの言葉を唱える。
これじゃ、癒しの手じゃなくて、癒しのおでこだねと笑いあう。
他の頭痛で困っている人に試しても、効果が出たことは一度もない。

毎年恒例のこの光景は、二人がともに帝都看護専門学校に進学し、学園寮で生活し始めてからも続いている。

なおの力は、あすかのために。なおは『お姉ちゃんの特効薬』

hakuai_150129 (4)

hakuai_150129 (5)

hakuai_150129 (6)

hakuai_150129 (7)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事