新規ダンジョンRPG『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』世界観・キャラクター・ゲームシステムの詳細がスクリーンショットと共に公開!

refrain_151015 (12)

refrain_151015 (0)
日本一ソフトウェアは、2016年1月28日に発売を予定しているPS Vita用ダンジョンRPG『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』の公式サイトをオープンし、その世界観やキャラクター、ゲームシステムに関する詳細情報を公開しました。

スポンサーリンク

物語

――ここではないどこか。幽かに魔法が存在する不思議な世界、テネスの物語。そこにある、妖しげな都、「ルフラン」市──

寂れた辺境の街と揶揄される、その忘れられた街には前人未到の『地下迷宮』がありました。いつ、誰が作ったものかはわかりません。

世界を統べる財宝があるとも、不死の秘宝があるとも、世界を滅ぼす魔王がいるとも伝えられますが、その真偽は何一つわかりません。わかっていることは、迷宮の中は強い『呪いの瘴気』で満ちており、『人』は半時と生きていられないことくらい。

しかし、ある時そこに一人の『魔女』がやってきて、迷宮の探索に名乗りを上げます。

魔女の名は『バーバ・ヤーガ』

街の人々がいぶかしむ中、探索に乗り出す魔女の手には、『迷宮探索唯一の生き残り』といわれる男が残した伝説の書物、『妖路歴程(ようろれきてい)』が握られていたのでした……。

refrain_151015 (2)

登場人物

refrain_151015 (3)

夕闇(ゆうやみ)の魔女“ドロニア”

黒い装束に身を包んだ、黒髪と美貌を持つ魔女。王に仕える宮廷魔女で、その赤と青の目の色から、夕闇の魔女と呼ばれおり、自らを“バーバ・ヤーガ”と名乗っている。片足は義足のため、いつも杖をついている。街では魔女であることを隠すため、人形劇の一座の座長を装っている。

「――前人未踏の地下迷宮の謎を解き明かし、 さらには未知なる魔法の品を持ち帰る……で、ございますね?」

魔女の弟子“ルカ”

夕闇の魔女ドロニアの弟子で一緒に旅をしている。元気で明るく、泣いたり笑ったりと表情がくるくる変わる。師匠であるドロニアの身の回りの世話を行っており、幼いながらも炊事、洗濯、掃除にお使いと、なんでもこなす。人形劇では広場に集まった子供達にお菓子を配るのが仕事。

「うわぁうわぁ~。みてください、ドロニア様! 蟹さんです! 蟹さんがいますよ!」

呪われた伝説の書“妖路歴程(ようろれきてい)”

地下迷宮の唯一の生還者であり、迷宮の奥底まで踏破、その秘密を解き明かしたと言い伝えられる男が残した伝説の書物。迷宮からの帰還後に憑かれたように書きあげたと言われており、その名を“妖路歴程(ようろれきてい)”と言う。呪われた書物とも呼ばれているが、その後、所在が不明となったため、その真偽の程は定かではない。

プレイヤーの魂が封じられている、プレイヤーの分身。自分で動くことができず、いつも魔女の弟子に持ってもらっている。意思の表明はできるが、喋ったり感情を示すことはない。

refrain_151015 (18)

世界観

古の地下迷宮を持つ都“ルフラン”市

refrain_151015 (1)
物語の舞台となる辺境の都市。王都から西の山脈を3つ越えたところに位置する忘れ去れた街で、他の都市との交流がほとんど無い。一時期は、地下迷宮の噂を聞きつけた者達の来訪が後を絶たないこともあったが、今では、あまりの難攻不落ぶりに、訪れるものもいなくなっているという。

地下迷宮

ルフラン市、西区の中央広場にある井戸の底に存在するという噂の迷宮。様々な財宝が眠ると言われているが真偽の程は定かではない。また、地下は強い瘴気に満ちており、公式に挑んだ者だけでも、すでに568人の命が地下迷宮で失われており、唯一の生存者含めて、全ての人間が既に死亡している。

魔女ノ旅団

魔女が作り出す“人形兵”。その人形兵で構成された集団である“カヴン”が複数集まったものを“魔女ノ旅団”と呼ぶ。人形兵は、魔法生物(マナニア)であり、魔力が豊富な地下空間でのみ、人の姿になることができる。

人形兵

アステルナイト


魔女に作り出されし戦兵

アステル(星)の力を信仰する騎士。
手に持った“古塔槍”(ことうそう)と呼ばれる両手武器で、一撃必殺の攻撃を繰り出す。攻守のバランスに優れた粘り強い戦いが得意。機動力にはやや欠けるが、最前線での活躍が期待できる屈指のアタッカー。

シノブシ


迷宮の最奥を斬り拓く者

東の国の戦闘技術を習得した、戦いのプロフェッショナル。“刀剣”を操ることを得意としており、素早い動きと二刀流で手数を稼ぐ。また敵から狙われにくい隠伏能力もあるため、近接~中距離のポジションで真価を発揮する。ただし、耐久力は低め。

システム概要

プレイヤーは魔女“ドロニア”が所有する伝説の書物“妖路歴程”となり、彼女の命を受けて迷宮の攻略に挑む。プレイヤーが引き連れるのは魔女が作り出した無数の“人形兵”達。人形兵はそれぞれに異なる戦闘能力を持ち、直接の攻撃力を持たない書物であるプレイヤーに代わり迷宮内で戦闘を行う。

refrain_151015 (9)

迷宮に挑む魔女の集団“カヴン”

本作では、“カヴン”と呼ばれるキャラクター集団を率いて迷宮探索を行う。カヴンは複数のキャラクター(人形兵)で構成され、所属するキャラクターやカヴンごとの特性により、様々な能力を有する。迷宮探索に連れて行けるカヴンは最大五つ。敵との戦闘は複数のカヴンの攻防によって展開する。

迷宮は全ての敵が“視覚化”された3Dダンジョン

探索の舞台となる迷宮は、プレイヤーの一人称視点で進む3Dダンジョン。MAP上の敵は全て“視覚化”されており、敵のシンボルとの接触により戦闘が開始される。視界から得られる情報をフルに利用することで、時に強力な敵との遭遇を避け、迷宮の奥にある高レアリティのアイテムのみ奪取してくるといった冒険も可能。

refrain_151015 (10)

戦闘システム

最大40人が戦闘に参加――“カヴン”を率いて戦う集団戦。

refrain_151015 (17)

戦闘は複数のカヴンを同時に指揮し、それぞれのカヴンが敵に攻撃を仕掛けることで展開。カヴンに所属するアタッカー達による総攻撃を始め、カヴン単位で発動する特殊技や、カヴン同士が組む陣形を駆使し、敵の撃破にあたる。

refrain_151015 (11)

また、カヴンごとに戦闘に直接参加できるキャラクターは最大3人ですが、カヴンによっては最大8人のキャラクターが何らかの形で戦闘に関与することができる。カヴンの数5×8人――最大40人のキャラクターが戦闘に参加する集団戦、それが“魔女ノ旅団”の戦い方。

refrain_151015 (8)

カヴンの各メンバーを1人ずつにした少数パーティでの戦闘も可能。

refrain_151015 (12)

スクリーンショット

迷宮内部の様子は階層によって異なる。
refrain_151015 (13)

迷宮の壁を破壊することで新たな道を作り出すこともできる。
refrain_151015 (14)
refrain_151015 (15)

限定版・初回生産特典

限定版特典

  • オリジナルタロットカード(22枚入り)
  • 登場するキャラクターが描かれたタロットカード(22枚入り)
  • オリジナルサウンドトラック CD2枚組(音楽:佐藤天平)
  • ゲーム内の様々な楽曲が収録されたサウンドトラックCD
  • 豪華三方背BOX

refrain_151015 (16)

初回生産特典

パッケージやキャラクターイラストを使用した「PS Vita用オリジナルテーマ」を予定。

関連リンク
 ・ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事