世界で高い評価を得たステルスアクション『リパブリック』PS4版の発売日が4月14日に決定!

republique_160202

ガンホーは、PCやスマホ向けに配信され高い評価を得たステルスアクション『リパブリック』PS4版の発売日を4月14日に決定したと発表しました。PS4版では、各章ごとに販売された他プラットフォームとは異なり、全5章のエピソードを完全収録。さらに、PS4版だけの特別要素も追加されます。価格はパッケージ版が3,600円、ダウンロード版が3,000円(ともに税別)です。

  • プレイヤーはヒロインのホープの脱出を監視システムのハッキングという形で手助けし、ホープとプレイヤーという異なる視点を切り替えながらステージクリアを目指す。
  • ゲームは、ホープを直接操作する視点と、監視システムを操るプレイヤー自身の視点「OMNIビュー」を切り替えながら進行。
  • ホープ操作時は、敵から隠れたり、アイテムを敵や施設から盗む、アイテムを使用するといった行動が可能。
  • OMNIビューでは、R1ボタンで監視カメラのハッキングポイントが表示され、ポイントに表示されたボタンを押すことでシステムをハッキングできる。ハッキングした監視カメラから監視カメラへと視点を渡ることができるので、ホープが通れない先の部屋を確認することもできる。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事