『シャイニング・レゾナンス』美少年騎士マリオンが妹キャラとしてパーティ参戦することが発表!ユーマ「煌竜 覚醒体」に関する情報も

shining-resonance_141208_14

shining-resonance_141208_14

セガは12月11日に発売するPS3用ソフト『シャイニング・レゾナンス』の新情報を公開しました。

今回の情報は、敵側の男性キャラクターとして発表された「マリオン・ル・シーラ(CV:沢城みゆき)」が、妹キャラとしてパーティ参戦すること。なんだか混乱してくる内容ですが、マリオンには双子の兄と共に狂科学者ヨアヒムの研究施設で生体実験兵器として育てられていた過去があり、その当時ヨアヒムが幼い兄妹に施したという恐るべき所業とやらのせいで、複雑な事情が発生しているようです。

また、主人公ユーマが煌竜の真の力を発揮できる「覚醒体」についても明らかとなっています。

スポンサーリンク

魔眼の弾き手「マリオン・ルシーラ」

狂科学者・ヨアヒムの研究施設「ゲイルリッツ監獄」で生体実験兵器として育てられていた双子の兄弟・エトとマリオン。二人は仲の良い兄妹だった。主人公・ユーマは、同じ研究施設に捕えられていた時、兄のエトと妹のマリオンに出会っている。再びユーマの前に現れたのは、兄のエトのはずだった。しかし、ユーマとの再会をきっかけに、その人格はときおりマリオンと入れ替わり、精神に混乱をきたしていく。ヨアヒムが幼い兄妹に施した恐るべき所業が次第に暴かれていく。いったい何が真実なのか、ユーマは苦悩の中、双子の兄妹に向き合っていくことになる。右目のブルーの瞳がマリオン本来の瞳で、左の金色の瞳は魔眼になっている。

 あることをきっかけに、妹のマリオンを「竜奏騎士(ドラグナー)」として、ユーマたちの仲間に迎え入れることができる。どうやって仲間にするのかは、ゲームをプレイしてのお楽しみだ。竜奏騎士マリオンと共鳴した「竜刃器(アルモニクス)」は『龍眼砲 バルモニウム』。マリオンは生体兵器として訓練されてきた実力を発揮し、この巨大な武器を持ち前の怪力で軽々と振りまわして戦う、頼りになる存在となる。プレイヤーキャラクターとしては、多彩な魔法弾を駆使した射撃攻撃により、他のキャラクターとは一味ちがったバトルが楽しめる。

【クラス】:魔砲銃騎士
【武器】:龍眼砲 バルモニウム
【主要魔法】:回復&補助魔法

ストーリー紹介

shining-resonance_141208_05
仲間になったマリオンは、ゲイルリッツ監獄時代からの旧知の仲であるユーマの部屋に潜り込み、ユーマに急接近する。

shining-resonance_141208_06
そこにキリカが現れ修羅場に!?女の子としての自覚に乏しく、無邪気にユーマと接するボクっ娘の登場に、キリカはヤキモキさせられる。

shining-resonance_141208_07
「ただお礼を言いたかっただけ」と、その場を離れるマリオンだが、キリカの心中は複雑な模様。

shining-resonance_141208_08
マリオンは「竜奏騎士」として新たな想いを胸に、ユーマたちと共に戦う決意をする。

煌竜 覚醒体

ユーマはとあるきっかけから、半覚醒状態とも言える「プログレス体」から、煌竜の真の力を発揮できる「覚醒体」になる。物語のひとつの転換点であると同時に、バトルでも大きく戦闘力が向上する。

「覚醒体」になると、「竜刃器」を持つ「竜奏騎士」との結びつきが強くなる。「竜奏騎士」との「共鳴(レゾナンス)」が発生しやすくなり、「竜奏騎士」はフォースの消費MP減少や、フォース発動までの詠唱速度短縮、「竜刃器」のチューニング効果が強化されるなど、相互に影響を与える。

shining-resonance_141208_09

shining-resonance_141208_10
「覚醒体」では強力なブレス攻撃が主体となる。

煌竜 覚醒体とB.A.N.Dパフォーマンス

覚醒体におけるB.A.N.Dパフォーマンスでは、煌竜が繰り出す全ての攻撃でブレイク可能となり、より有利に戦闘を進められる。また、煌竜は無敵状態となるため、敵からの攻撃を気にせずバトル可能。さらに、BPMゲージがなくなると「Dユニゾン」が発生する。

shining-resonance_141208_11

最強の一撃「Dユニゾン」

覚醒体状態のB.A.N.Dパフォーマンスでは、BPMゲージがなくなると「Dユニゾン」と呼ばれるセンターとの協力攻撃を、B.A.N.Dパフォーマンス終了前に発動させることが可能。Dユニゾンは、敵全体に”トドメの一撃”と呼ぶに相応しい強力な無属性攻撃を仕掛ける。

shining-resonance_141208_12

shining-resonance_141208_13

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事