オープンワールドに生まれ変わった『討鬼伝2』続報!時間の概念や新武器「盾剣」の存在が判明。開発度は60%

toukiden2_160202

コーエーテクモゲームスより2016年に発売が予定されているPS4/PS3/PS Vita用ソフト『討鬼伝2』の続報が、ゲーム誌のフラゲより判明しました。

  • 既報の通りオープンワールドで展開するハンティングアクションに。
  • 森や洞窟、火山などより多彩になったフィールドで鬼たちと戦う。
  • 新たに時間の概念が導入され昼夜の変化がある。
  • 新武器「盾剣」は、右手に大剣、左手に盾を装備して戦う。
  • 開発度は60%

<キャラクター>

  • 記憶喪失の主人公
    オオマガドキの横浜防衛戦で戦ったモノノフ。戦いの最中、10年の時を飛び、記憶喪失となって里に流れ着いた。
  • 「博士」武器:銃
    世界の真実を追うカラクリ博士。背の低い女の子。
  • 「時継」武器:銃
    博士が作ったカラクリ。中には人間の勇者の魂が封じられている。
  • 「グウェン」武器:盾剣
    金髪碧眼のイギリス人少女。
  • 003

<新登場の鬼>

  • 「シンラゴウ」
    圧倒的なパワーで全てをなぎ倒す大型の鬼。
  • 「ヒダル」
    長い腕と肥大した腹という身体的特徴から、餓鬼の成長した姿と推測される中型の鬼。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事