“探偵神宮寺三郎”シリーズ新章『ダイダロス:ジ・アウェイクニング・オブ・ゴージャス』PS4/Switch/PCで2018年に発売予定。3つの新システムを導入

スポンサーリンク

『探偵神宮寺三郎』シリーズの新章として発表された『ダイダロス:ジ・アウェイクニング・オブ・ゴージャス』の続報が明らかとなりました。

プラットフォームと発売時期

プラットフォームはPS4/Nintendo Switch/PCで、2018年に発売予定。

コンセプト

『探偵神宮寺三郎』シリーズの世界観を継承しながらも、「観察眼の体現」という新たなコンセプトにより再構築。
『夢の終わりに』の前日譚となり、彼の祖父・神宮寺京助も登場する模様。

3つの新システム

思考の樹

神宮寺の思考を視覚化したもの。情報を集めると“思考の実”が実り、やがて果実となる。その果実を使うと解明フェイスへと移行する。

スタンスチェンジ

人物との対話時に立場や態度を変えることができる。これにより、相手から話を聞きやすくなり、相手の隙を突いてより細かい情報を入手できる。

探索

事件現場などを360°見渡すことができる。“思考の果実”に結びつくものは文字が浮かび上がり、スタンチェンジを使うと視界に入ってくる情報も異なるものになる。

関連リンク

ファミ通.com