小学生がデスゲームを繰り広げるアクションADV『デスマーチクラブ』スクリーンショット公開。公式サイト&公式Twitterアカウントもオープン

『ダンガンロンパ』シリーズで知られる小高和剛氏を筆頭とする著名クリエイター陣が立ち上げたゲーム会社トゥーキョーゲームス。同社が手掛ける4プロジェクトのうちのひとつ『デスマーチクラブ』(※2020年にPCでリリース予定)の公式サイトおよび公式Twitterアカウントがオープンしました。また、ファミ通.comにてスクリーンショットも公開されています。

ストーリー

東京のとある小学校に、全国から落ちこぼれだけが集められた「ガンバレ組」と呼ばれるクラスがある。
れいちょ達はそんなクラスに所属する、ちょっと周りと変わった子供だ。
ある夏の日のこと。
彼らが修学旅行に向かう途中、乗っていたバスが落石事故に巻き込まれる。

目覚めると、そこは海中に建設された遊園地。
だいぶ前に閉園し、人気のない寂れた廃墟のような場所にれいちょ達は閉じ込められる。
そこで、どこからともなく現れた謎のピエロに、仲間同士で「殺し合いのゲーム」をするように命じられる!
事態を飲み込む間もなく、その命がけのゲームに巻き込まれる一同。

デスマーチクラブ

このあまりにも異常な局面を、子供達だけでどう乗り切っていくのか?
途方に暮れる一同だったが…
そんな中、彼らに不思議な能力が目覚め始める。
一方その頃…
地上では「ある異常な事態」が発生していた。

キャラクター

れいちょ

デスマーチクラブ
小学6年生。男子。

好奇心旺盛で、いろんなことを知りたがる。
危機的な状況に対して果敢に挑んでいったりするが、それは勇気があるからではなく、単に潜在的なリスクを知らないから。
良くも悪くも子供。穢れを知らない純粋な少年。
恋愛とかにもうとい。

バニラ

デスマーチクラブ
小学6年生。女子。

天真爛漫、天衣無縫なゆるふわぶっとびぼけぼけヒロイン。
空気を読まない発言が多く、基本的にみんなにスルールされる。
すっとぼけているように見えて、実は頭脳明晰。
大人たちの陰謀にもいち早く気づいたりする。

開発スタッフ

クリエイティブディレクター:小高和剛
シナリオ&ディレクター:打越鋼太郎
キャラクターデザイナー:竹
ディレクター:中澤工
アートディレクター:吉田謙太郎
プロデューサー:梅田慎介
開発プロデューサー:二木幸生

スクリーンショット

デスマーチクラブデスマーチクラブ

公式サイト&公式Twitter

関連記事:トゥーキョーゲームス 小高和剛×打越鋼太郎が贈る子供たちによるデスゲーム『デスマーチクラブ』2020年にPCでリリース決定。小高氏「僕らが作る最後のデスゲーム」

トゥーキョーゲームス 小高和剛×打越鋼太郎が贈る子供たちによるデスゲーム『デスマーチクラブ』2020年にPCでリリース決定。小高氏「僕らが作る最後のデスゲーム」[※更新]
トゥーキョーゲームスが設立発表会にてその存在を明かした4プロジェクト。そのうちのひとつに、「子供たちの、子供たちによる、子供たちの為のデスゲーム」というキャッチコピーを掲げた作品がありましたが、その続報が明らかとなっています。【更新...