Nintendo Switch 「小型廉価版」この秋発売と日経が報道。「QOL事業」頓挫も伝える

日本経済新聞が、Nintendo Switchの「小型廉価版」がこの秋に発売されると報道しています。

同紙は「屋外に持ち出す携帯型としての機能がメインとなるが、テレビに繋ぐ据え置き型としても遊べる」と記述しており、さらに小型化することでより携帯ゲーム機としての側面を強化しながらも大画面に出力して遊べるTVモードも踏襲する模様。「携帯型、据え置き型の2機種を併売してきた30年来の戦略を見直し、ソフト開発部門も一本化する検討を進めている」という関係者のコメントも掲載されています。

また同記事の中で、岩田聡氏が立ち上げた「QOL(Quality of Life)事業」の計画頓挫も報道。試作機も完成に近づき、ようやく日の目を見ようとしていた矢先だったそうです。任天堂関係者によると、中止の理由は「任天堂らしい商品に出来なかったから」とのことです。