『仁王2』リアルタイム3人プレイや「義刃塚」による非同期プレイなど新要素が判明!10分半にわたる解説入り実機プレイ映像も

スポンサーリンク

コーエーテクモゲームスが2020年初頭に発売を予定しているPS4用ソフト『仁王2』の最新情報がTGS2019ステージにて判明。また、早矢仕氏による解説を交えながらの実機プレイも披露されました。

スポンサーリンク

仁王2 最新情報

  • 今作にも豪華俳優陣を起用。藤吉郎役を竹中直人さん、無明を波留さんが務める。
  • コンセプトは「戦国×妖怪×死にゲー」。強敵との真剣勝負、圧倒的な緊張と達成感。侍が生き、妖怪が蠢く幽玄な和風ダークファンタジー。
  • 己の妖怪の力を活かした新アクション「妖怪化」「特技」を追加。
  • 敵の妖怪を倒し“魂代”を入手し、彼らの力を借りて戦う「妖怪技」を追加。かなりの数が用意される。
  • 妖怪たちの力が増す異形の世界「常闇」が登場。
  • 主人公はプレイヤー自身。クリエイト機能で自分だけのオリジナルキャラが作成できる。
  • リアルタイムの3人プレイや、「義刃塚」による非同期協力プレイなどオンライン要素を拡充。
  • マスコットキャラクターの「木霊」に加えて、主人公を助ける新たな妖怪が登場。
  • 前作プレイヤーには特典あり(内容は未定)。
  • 前作主人公ウィリアムの登場有無については続報を待ってほしい。

仁王2 実機デモプレイ映像

Nioh 2 – Gameplay Demo TGS 2019 [HD 1080P]