モバイル向けMMORPG『二ノ国:CROSS WORLDS』2020年下半期に配信へ

スポンサーリンク

レベルファイブとネットマーブルは、モバイル向けMMORPG『二ノ国:CROSS WORLDS』を2020年下半期に配信すると発表しました。

スポンサーリンク

『二ノ国:CROSS WORLDS』について

レベルファイブとネットマーブルがタッグを組み、ネットマーブルが開発・運営を担当するMMORPG。『リネージュ2 レボリューション』の中心スタッフによりUnreal Engine 4で開発されている。

  • 戦闘方式
    • リアルタイム、ハックアンドスラッシュ
  • キャラクター(クラス/全5種で構成)
    ウィッチ、ソードマン、ローグ、エンジニア、デストロイヤー
  • PvEコンテンツ
    メインクエスト、ツバクロ商会の依頼、スペシャルダンジョン、降臨ダンジョン、夢幻/試練の迷宮、フィールド/ワールドボス、キングダムディフェンス、イマージェン探検(PvE)など
  • PvPコンテンツ
    闘士の戦場、空島の大乱闘、キングダムバトル、キングダム侵攻戦、遺物戦場、王位争奪戦、イマージェン探検(PvP)など

物語

 主人公は“一ノ国”の大手企業“ミライカンパニー”が開発した仮想現実ゲーム“プロジェクトN”に、βテスターとして参加する。数百倍の競争率を勝ち抜いて……。

 “プロジェクトN”のゲームの世界は“二ノ国”という幻想の世界。主人公は“名前のない王国”を襲撃した“レバント”が率いるモンスター軍団との闘いを始める。

 主人公は王国の女王“シア”とともにモンスター軍団と戦うが、“レバント”の力はとてつもなく強く、女王“シア”は次元の裂け目を開き、主人公と妖精“クウ”を脱出させる。

 “エスタバニア王国”辺りのどこかに不時着した主人公と“クウ”は、“名前のない王国”を再建し、女王“シア”を探すための冒険に出る。

 二ノ国という世界が実存するもう1つの世界だという真実を、まだ知らずに……。

キャラクター(クラス)

 本作では、細部までこだわって制作された個性豊かなキャラクター(クラス)たちになって、“二ノ国”の世界を冒険することが可能。それぞれのクラスに応じて、多彩な戦闘スタイルが楽しめる。

ローグ

素早い動きで敵を貫く弓使い。バフを与え、味方を支援するサポーター。

デストロイヤー

巨大なハンマーで重い一撃を繰り出す戦士。様々な防御スキルを備えたタンカー。

ウィッチ

浮遊する槍を使う魔法使い。デバフ撃/無敵など多彩なスキルを持つ万能キャラクター。

エンジニア

ライフルで遠距離攻撃を得意とするガンナー。味方の回復を担当するかわいいヒーラー。

ソードマン

爽快な攻撃が自慢の片手剣の剣士。敵にはデバフを与え、味方の被害は減少させるタンカー/サポーター。

登場イマージェンは約100種類

 冒険の心強い仲間“イマージェン”。本作では、約100種類の“イマージェン”たちが登場。属性、タイプ、性格が異なる数多くの“イマージェン”を収集し、冒険で活躍させることが可能。また、“イマージェン”が持つ固有スキルを戦略的に使うことで、多彩な戦闘が楽しめる。

国を建て発展させる「キングダム」

 本作の中心的なコミュニティ・コンテンツである「キングダム」。ギルドメンバーとともに国を建て、発展させていく。キングダム内に所属しているギルドメンバーとの絆を深めたり、他のキングダムと競争することができる。

キングダムをカスタマイズ

 “キングダム”は、戦闘や探検、依頼などで得た資源を利用して、発展させることができる。キングダム内に建物を建て、レベルアップさせるなど機能的な発展が可能な他、外観をカスタマイズすることもできる。

キングダムの最終目的は首都

 他のキングダムと王位争奪戦(PvP)を行い、勝利することで最高のキングダム“首都”になることができる。首都になったキングダムは強大な権力を持ち、“首都”で行われるイベントを決めることができる。

 このイベントは、参加するプレイヤーたちに大きな影響を与える。そのため、“首都”になるためにユーザー同士で競争をすることになり、多彩なプレイスタイルやコミュニティが生まれていく。

ユーザー自らが遊びを生み出す

 本作では、ユーザーコミュニケーションを拡大するために、ユーザー自身が遊びを生み出せるように、さまざまなコンテンツが用意されている。

 広大なフィールド上にある、木、石、動物などのオブジェクトは、直接持ち上げて移動させることが可能。フィールドを動き回る子羊たちもその1つ。たくさんの子羊たちをキングダムに運び入れキングダムを賑わせたり、他のギルドのキングダムにいる子羊を盗むことも可能。

 その他にも、それぞれが独立した数多くのオブジェクトが存在。これによるユーザー間の争いやさまざまなコミュニケーションを楽しむことができる。