『バリアブルバリケード』Switch移植版『バリアブルバリケード ニューステージ』発表!追加要素多数

スポンサーリンク

オトメイトは、Nintendo Switch用ソフト『バリアブルバリケード ニューステージ』を6月18日に発売すると発表しました。価格は通常版6,300円、限定版8,300円、DL版5,800円(全て税別)です。 

本作は、2019年に発売されたPS Vita向け逆攻略系ラブコメADV『バリアブルバリケード』をNintendo Switch/Nintendo Switch Lite向けに移植したもの。Switch版には、エンディグ後のアフターストーリーや「RABI」と「WHIS」にも新たなシナリオが追加されるほか、薄葉カゲロー氏による描き下ろしCGと木壱氏によるちびキャラCGの追加、そして1マスごとにボードを戻ることなくシナリオを続けて遊べる新モード「連続プレイ」が追加。さらに、Vita版でプレイ済みのユーザー向けに「FULL OPEN」も実装されます。