中国NetEase Games、次世代家庭用ゲーム制作スタジオ「桜花スタジオ」を東京渋谷に新設

スポンサーリンク

NetEase Gamesは、中国・広州ならびに日本・東京を拠点とする次世代家庭用ゲーム制作スタジオ「桜花スタジオ」を設立したと発表しました。

これまでスマートフォン及びPCオンラインゲームの研究と開発・運営、ライセンシングビジネスを行ってきたNetEase Gamesですが、より高品質の作品を生み出すためのさらなる一歩として、次世代家庭用ゲーム機向けのタイトル開発を開始すると表明。

NetEase Games初となる家庭用ゲーム制作を主目的とする「桜花スタジオ」は、次世代家庭用ゲーム機におけるタイトル開発に向け、日本において多くの家庭用ゲーム制作経験を持つディレクターをスタジオ長として招聘。これまでのゲーム開発経験で得た大規模スマートフォンゲームやPCゲームにおける実績や技術の蓄積と、ゲーム史に残る多くのタイトルを生み出した”日本的モノづくり”のノウハウや良い点を融合し、次世代家庭用ゲーム機に向けた技術開発や新たなタイトルの開発を行っていくとしています。