名作オープンワールドRPGのリマスター版『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning(キングダムズオブアマラー:リレコニング)』日本語対応で9月8日発売へ ─ 2021年には新規拡張パックも登場予定

スポンサーリンク

THQ Nordicは、今はなきゲーム会社38 Studioが開発を手掛けたPS3/Xbox360/PC用オープンワールドRPG『キングダムズオブアマラー:レコニング』を現世代機向けにリマスターした『Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning(キングダムズオブアマラー:リレコニング)』(PS4/Xbox One/Steam)を9月8日発売すると発表しました。Steamストアページによると、日本語対応。また、PS4版の国内発売も予定されているとのことです。

リマスター版は、ビジュルのアップグレードはもちろんのこと、ゲームプレイ面も洗練。また、オリジナル版で配信されたDLCを全て収録。さらに、5時間分の冒険を追加する新コンテンツ「Fatesworn」の開発も決定しており、2021年に配信予定。「Fatesworn」の詳細は後日発表されます。なお、「Fatesworn」を同梱した商品『Fate Edition』も発売予定です。

Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning – Announcement Trailer
Source: Automaton