『クラッシュ・バンディクー4』ディンゴダイルも操作可能!見た目と体験を大きく変える新要素「Nバーテッド・モード」も発表

スポンサーリンク

プレイステーションの動画配信イベント「State of Play」にて、『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』の最新情報が公開されました。

  • 昔ながらの緊張感・緻密な作り・視点移動のメカニズムを取り込み、さらにエキサイティングな新要素を追加。
  • 大きく広がる新たな風景、キャラクター新モデル、多くのアニメーション表現が楽しめる。
  • ウォールラン、ロープスイング、レールグラインド、ジップラインといった新アクションが登場。
  • ゲーム内で獲得できる様々なスキンを用意。キャラクターの見た目を変更して遊べる。
  • クラッシュとココ以外にも、冒険の要所ではネオ・コルテックスやディンゴダイルも操作可能。
  • 全く新しいゲームスタイル「Nバーテッド・モード」搭載。バンパベリーを用いたミラーモードの強化版で、視点が変わるだけでなく、どの次元のアートスタイルも独特なものに変化させ、ゲーム体験の見た目と感覚が大きく変わる。ネオン色の荒野を進んだり、周囲にペンキを塗りたくって進む道を見つける、手回し式カメラで撮影した古い映画のように早送り状態でプレイするなど。
Crash Bandicoot 4: It’s About Time – State of Play Trailer | PS4