『ウイニングポスト9 2021』約1ヶ月の発売延期が発表

スポンサーリンク

コーエーテクモゲームスは、PS4/Switch/PC用ソフト『ウイニングポスト9 2021』の発売日について、当初予定していた3月18日から4月15日へ延期すると発表しました。諸般の事情によりとのことです。

「Winning Post」シリーズは、プレイヤーがオーナーブリーダー(馬主兼生産者)となり、競馬世界に生きる馬や人々とのドラマを体験する
「本格派競馬シミュレーションゲーム」です。前作『Winning Post 9 2020』では、「子孫継承システム」を復活させ、子孫同士がチームを組んで
ライバルと対決したり、逆に子孫同士で対決したりと、「ウイニングポスト」シリーズならではの熱いドラマや深いやり込みに好評をいただきました。

最新作の『Winning Post 9 2021』では、要望の多かった複数の「開始年シナリオ」をシリーズ初搭載。「開始年」によって、初年度入手馬や
初年度ライバル馬など、序盤の状況が変化し、攻略法が多様化します。思い入れのある時代からのスタートをすることができるようになり、より深く競馬世界に入り込むことができます。また、「Winning Post 9」シリーズでの新要素である「ライバル対決」や前作で好評いただいた「子孫継承システム」もさらに強化。もちろん、2021年度の最新競馬番組にも対応しているだけでなく、新女王「デアリングタクト」などの最新馬の追加や、注目のサウジアラビアの競馬場も追加しています。

1. シリーズ初! 5つの「開始年シナリオ」
今作では「ウイニングポスト」シリーズ初となる複数の開始年シナリオを搭載。
「開始年」によって初年度に入手できる馬やライバル馬が異なるのはもちろん、血統勢力図やニックス状況なども変わります。
また、将来を見越した騎手との友好を結んでいたりなど攻略法は多様化します。

2. ライバル対決が世界規模に進化「世界最強馬決定戦」!
「Winning Post 9」シリーズからの新要素である「ライバル対決」の新たな舞台として、世界規模の戦い=「世界最強馬決定戦」を表現。
その時々の世界のトップホースの活躍状況により、戦いの舞台となるレースが選ばれ、世界のトップホースたちが集結して真の世界チャンピオンを決める夢の対決を楽しめるようになります。世界一の称号を得た馬は、繁殖入り後の評価も大きくアップします。

3.「子孫継承システム」がさらにパワーアップ!
前作で復活し、大変好評をいただいた「子孫継承システム」がさらにパワーアップ。
結婚相手が新たに追加されるほか、子孫を海外の騎手や調教師としてデビューさせることもでき、さらには彼らの活躍に応じて特別な絆コマンドをもらえます。
また、騎手と競走馬の絆の深さを示す「絆レベル」を導入。同じ騎手が主戦として乗り続けて好成績を残すことで人馬の絆が深まり、絆レベルが上昇します。
レベルが上がると、騎乗時に能力アップや5つ目の特性である「絆特性」の効果が発動するなど、やりこみ要素が増します。

4. 新競馬場で迫力のレースを演出! 最新競馬データにも対応!
世界最高賞金額を誇るサウジカップの開催地「キングアブドゥルアジーズ競馬場」を追加。
また、3歳女王「デアリングタクト」や白毛の芝重賞馬「ソダシ」を始め、現2歳世代までの400頭以上の史実馬を追加するなど、2021年の最新競馬データにいち早く対応します。

5.多数の追加要素にも魅力がぎっしり!
長距離馬向けの海外ボーナスシリーズ「ステイヤーズミリオン」の導入や、配合理論の強化(全きょうだいインブリードの追加やインブリード配合を活用しやすくする改善)、新秘書「竜胆しおり」をはじめ結婚相手にもなる新キャラクターの海外女性騎手2名の追加、一部の史実馬の生年がランダムになり先の読めないIF展開を楽しめる仮想年設定の追加、系統の追加(64→85)、競走馬の特性の追加、リストの絞り込み機能、地方交流重賞への中央馬の出走枠拡大、実況の強化など、その他の追加要素も充実した一作となっています。