PS5『ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード』詳細公開 ─ PS5強化点 / ユフィ新規エピソード

スポンサーリンク

スクウェア・エニックスは6月10日に発売を予定しているPS5用ソフト『ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード』について、PS5における強化点やユフィ新規エピソードについて詳細を公開しました。

ストーリー

星から吸い上げた生命エネルギー《魔晄》。
《ミッドガル》――八基の魔晄炉を有する階層都市。
魔晄によって世界を掌握した巨大企業《神羅カンパニー》と星を守るために立ち上がった反神羅組織《アバランチ》が激突する。元ソルジャーのクラウドは、傭兵としてアバランチの《壱番魔晄炉爆破作戦》に参加していた。

魔晄炉爆破の余韻響く八番街。
炎に包まれる街で、死んだはずの宿敵の幻影が揺らめく。消し去りたい過去の幻影に導かれ、彼女と出会う。花売りの女性が差し出した黄色い花。
花言葉は――《再会》
その刹那、ふたりを取り囲む黒い影――《運命の番人》。
今、想いが再び星を巡る。

インターグレード

PS5版ではライティングや質感、背景などの表現力が向上。さらに、4K画質による高解像度を重視した「グラフィックモード」、60fpsによるスムーズな動作を重視した「パフォーマンスモード」といったゲームモードの切り替え、ゲーム内のワンシーンを写真撮影できる「フォトモード」、ユフィを主人公とした新規エピソードなど、新しい要素も追加。

PS4版を所有している場合は100円(税込)でPS5版にアップグレード可能であり、セーブデータを引き継いで楽しめる。ただし、ユフィの新規エピソードはDLCとして別途購入が必要。

ライティング

街やフィールドなどの、さまざまなライティングを調整。より鮮やかで美しい世界を表現。

フォグエフェクト

フォグの調整により、これまで以上にミッドガルの空気感がリアルに。

テクスチャ

一部テクスチャの解像度が向上。世界の細部がより緻密な質感となって描写される。

フォトモード

フォトモードが追加。カメラの位置調整、画角や色補正、露出補正などを調整してスクリーンショットが撮影可能。

パフォーマンスモード / グラフィックモード

パフォーマンスモードでは、60fpsを重視し安定したフレームレートで動きのなめらかさを優先。グラフィックモードでは、4K画質による高解像度を重視し美しいグラフィックが楽しめる。

ユフィの新規エピソード

ストーリー

伍番魔晄炉が爆破されたミッドガルの混乱の中、ウータイの密命を帯びた《シノビ》たちが暗躍する。モーグリマントをまといし少女ユフィと頼れる相棒ソノン。狙うは神羅カンパニーが開発した《究極マテリア》。
本家アバランチの協力を得て、故郷のため、復讐のため、敵地へと足を踏み入れる。星の叫びに導かれ、新たな運命の歯車が回りだす。

ユフィ・キサラギ CV:かかずゆみ

「待ってろ~マテリアちゃん」

ウータイの特殊技能集団《シノビ》のひとり。
自称美少女忍者、自称凄腕マテリアハンターと様々な肩書きを持つ。巨大な手裏剣を操り、俊敏な動きで敵を翻弄する。神羅との戦争に敗れ、活気を失った故郷を救うために活動中。ウータイ暫定政府より密命を胸に、ミッドガルへと潜入する。

ソノン・クサカベ CV:細谷佳正

「ユフィ先輩、他人の家では猫かぶれ、だよ」

ウータイ出身の戦士。
ユフィの父親であるゴドーに師事し、拳法や棒術を学ぶ。若くして参加した戦争を経て、神羅に対して憎しみを募らせる。現在は年下の先輩であるユフィとコンビを組み、潜入任務にあたる。真面目な性格で、暴走しがちな先輩を優しくフォローする。

ユフィの新規エピソード

新規エピソードでは、ユフィたちの活躍が2章構成で描かれる。ミッドガルに潜入したウータイのシノビたちが本家のアバランチと共謀し、神羅カンパニーから究極マテリアを盗み出すためのミッションに挑む。

ユフィは近接戦、遠距離攻撃どちらも得意とし、他のキャラクターとは違った手裏剣や忍術を使った爽快なバトルが楽しめる。

ユフィ独自のさまざまなフィールドアクションが登場。手裏剣を使って遠くにある「神羅ボックス」を破壊したり、ギミックを起動することができる。また、金網を伝って渡るといった忍者らしいアクションも可能。