「E3 2021」完全デジタルで6月12日から開催へ。任天堂、Microsoft、カプコン、コナミ、Take-Twoなどが参加を表明

スポンサーリンク

ESA(Entertainment Software Association)は、「E3 2021」を完全デジタルイベントとして6月12日から15日にかけて開催すると発表しました。任天堂やMicrosoft、カプコン、コナミ、ユービーアイソフト、Take-Two、ワーナー・ブラザース、Koch mediaなどが参加を表明しています。ちなみに、従来のE3は「Electronic Entertainment Expo」の略称でしたが、今年は「Electronic Entertainment Experience」に名称が変更となっています。

なお、現状はソニーやEA、Activision Blizzard、セガ、バンダイナムコエンターテインメント、スクウェア・エニックスは参加社リストに名前がありませんが、ESAはさらに多くの企業が参加するとしており、今後どうなるかは不明です。

ESA社長兼CEOであるStanley Pierre-Louis氏は「20年以上にわたり、E3はビデオゲーム業界が提供する最高のものを紹介する最高の場であり、ゲームを通じて世界をひとつにしてきました。今年のE3は、より包括的なイベントへと進化していますが、このイベントをビデオゲームにとって欠かせない中心的な舞台とするために、主要な発表やインサイダーの機会でファンを興奮させることを目指しています」と述べています。

2021 About - E3 Expo

ソース:gamesindustry.biz