『秘封倶楽部』二次創作ノベルゲーム『秘封フラグメント』2021年リリースへ ─ 旧来ノベルゲームよりも高いゲーム性を実現

スポンサーリンク

Phoenixxは、シカクゲームズ開発のPC(Steam)用ソフト『秘封フラグメント』を2021年内にリリース予定と発表しました。

本作は「東方Project」で知られる上海アリス幻樂団による音楽CDシリーズ『秘封倶楽部』を題材とした二次創作ノベルゲーム。ゲームプレイは脱出ゲームやパズルに近い感覚とのこと。

物語は、秘封倶楽部の一作目『蓮台野夜行 ~ Ghostly Field Club』よりも以前、大学の入学式の後でマエリベリー・ハーンと宇佐見蓮子が出会うところから始まります。2人の会話の中から得られる記憶の欠片「フラグメント」からキーワードを導き出すことによって物語が分岐し新たな展開へと繋がります。

「フラグメント」システムは、物語中で入手できる“フラグメント”から自由に言葉を選び出して物語のカギとなるキーワードを生成。これをセットしておくことでシナリオが分岐し新たな展開が見られるというもの。旧来ノベルゲームのような選択肢総当りは通用せず、漫然と読むだけでは先へ進めない仕組みとなっています。これにより、旧来ノベルゲームよりも高いゲーム性を実現しているとのことです。

また、会話の中で変化する状況に合わせて要求される操作も変化。物語が分岐するために必要な要素を見逃さないようにしましょう。

『秘封フラグメント』PC(Steam)版配信決定 Promotion Video