KLab、公式ライセンスを受けた「東方Project」二次創作 横スクロール型アクションSTGを開発中と発表

スポンサーリンク

KLabは、上海アリス幻樂団から公式ライセンスを受け、「東方Project」を原作とした二次創作となるモバイルオンラインゲームの日本を含む全世界での配信権を取得し、上海咚巴啦綱络科技有限公司/DOBALA GAMESと共同で開発中と発表しました。

開発中ゲームの簡体字版タイトルは『弾幕幻想』で、中国大陸では本日(4月26日)より事前登録が開始されており、簡体字版のパブリッシングは、Android版を天赐游戏、iOS版を37網遊が担当します。

本作の開発進捗や他配信地域におけるパブリッシング事業の情報については随時発表されます。

スポンサーリンク

『弾幕幻想』ゲーム概要

『弾幕幻想』は横スクロール型アクションシューティングゲームです。弾幕を発射して敵を倒し、また、キャラクターを育成し様々な要素を組み合わせて遊ぶことができます。
本作は上海アリス幻樂団の「東方Project」を原点としており、公式ライセンスを取得した上で創作したゲームとなります。
ゲームのストーリーは、静かな幻想郷に再度新たな異変が起きるところから始まります。理性を失った妖怪達が何もかも破壊しようとし、奇妙な魔力が幻想郷を侵略しようとします。異変の根源がどこにあるのかを突き止め、危機に陥った幻想郷を救うため少女達はまた冒険の旅に出ることになります。

【『弾幕幻想』ゲーム公式アカウント】
公式Weiboアカウント:@弹幕幻想
公式WeChatアカウント:弹幕幻想
※日本国内からの事前登録はできません。

『東方Project』とは

同人サークル「上海アリス幻樂団」によって制作されている、架空の世界「幻想郷」を舞台にした作品郡の総称です。作品の中心となる弾幕シューティングゲームは、ストーリー、キャラクター、プログラム、サウンドなどほぼすべてを「上海アリス幻樂団」主宰のZUN氏一人の手で制作されています。シューティングゲームの他にも、ZUN氏が執筆する小説や、原作を担当する漫画なども制作されています。
作品の舞台である「幻想郷」は現世から隔離された世界であり、人間や動物だけでなく妖精・妖怪・鬼・幽霊・神などのさまざまな種族が存在しています。それらの個性豊かなキャラクターが繰り広げる物語、ゲームで表現される美しい弾幕描写、個性的な楽曲などは非常に高い評価を受け、日本だけにとどまらず世界中において数多くのファンを魅了しています。

上海咚巴啦綱络科技有限公司/DOBALA GAMES

社名:上海咚巴啦綱络科技有限公司/DOBALA GAMES(ドンバラゲームズ)
代表者:劉東林
設立:2019年01月31日
本社所在地:中華人民共和国上海市
事業内容:モバイルを中心としたゲーム開発・運用。一人でも多くのユーザーに斬新で爽快なゲーム体験ができるよう日々情熱を持ってゲーム開発に取り組んでいます。