『バイオハザード ヴィレッジ』謎の存在マザー・ミランダと村を統べる四貴族、そして彼らを象徴するエリアの情報が公開

スポンサーリンク

カプコンは5月8日に発売するPS5/PS4/Xbox Series/Xbox One/PC用ソフト『バイオハザード ヴィレッジ』について、謎に包まれている存在マザー・ミランダと四貴族、そして彼らを象徴するエリアに関する情報を公開しました。

村の統治者マザー・ミランダと彼女に仕える四貴族

マザー・ミランダ CV:木下紗華

四貴族を従える村の統治者。村人達からの信仰も厚いが、仮面に隠された素顔と同様にその多くは謎に包まれている。

ヨーロッパのどこかにある鄙びた寒村。ここは狂気と恐怖に支配されているかのようだ。

アルチーナ・ドミトレスク CV:井上喜久子

村にそびえる城の女城主で、ミランダに仕える四貴族の1人。見上げるほどに高い身長と妖艶な容貌を持つ。

ドミトレスク城

村を見下ろすかのように聳え立つドミトレスク夫人の居城。

サルヴァトーレ・モロー CV:西村太佑

人造湖に隠れ住む怪人で、ミランダに仕える四貴族の1人。人目をはばかるように、異形の容姿をローブで覆い隠している。

廃れた漁村

人造湖には打ち棄てられた漁港が残っている。

ドナ・ベネヴィエント CV:佐藤美由希

霧深い谷の屋敷に住む人形使いで、ミランダに仕える四貴族の1人。喪服を思わせる黒装束に身を包み、アンジーという人形を操る。

村はずれの屋敷

村はずれにある屋敷。訪れる者はいない。

カール・ハイゼンベルク CV:白熊寛嗣

村はずれの工場に居を構えるエンジニアで、ミランダに仕える四貴族の1人。粗暴な物腰と巨大な鉄槌は見るものに恐怖を抱かせる。

工場

鄙びた村に似つかわしくない工場。近代的な設備が整っているようだ。

村のMAP