商標出願:スクエニ「資産性ミリオンアーサー」、バンナム「サイスタ」、コーエーテクモ「三國志∞」、SIEE「SOHO ENGINE」など

スポンサーリンク

スクウェア・エニックスが4月15日に「資産性ミリオンアーサー」なる商標を出願していたことが判明しました。2012年登場のカードバトルRPG『拡散性ミリオンアーサー』を皮切りにスタートした『ミリオンアーサー』シリーズは、ゲームだけでなく漫画やアニメ、2.5次元ドラマなどでも展開されるメディアミックス作品。今回確認された「資産性ミリオンアーサー」は、ゲーム作品というよりも、『拡散性ミリオンアーサー』『乖離性ミリオンアーサー』の中で配信された4コマ漫画『弱酸性ミリオンアーサー』と似たものを感じさせます。

また、バンダイナムコエンターテインメントが「サイスタ」なる商標を4月19日に、コーエーテクモゲームスが『三國志∞』『三國志覇』『乱三國志』など『三國志』にまつわる多数の商標を4月21日に、SIEEが「SOHO ENGINE」なる商標を4月21日に出願しています。

「SOHO ENGINE」は、2020年10月にヨーロッパで初めて商標登録が確認され、今年4月にはオーストラリア、カナダ、メキシコ、ニュージーランド、スイスでも商標登録されています。

ソース:Gematsu