『大逆転裁判1&2』の魅力に迫る新映像「大逆転裁判1&2の楽しみ方」公開 ─ ストーリー紹介やミステリードラマ仕立ての予告編映像も

スポンサーリンク

カプコンは7月29日に発売を予定しているPS4/Switch/PC用ソフト『大逆転裁判1&2 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟-』について、本作の魅力に迫る新映像「大逆転裁判1&2の楽しみ方」を公開しました。

スポンサーリンク

大逆転裁判1&2の楽しみ方

ストーリー紹介

 『大逆転裁判』と『大逆転裁判2』の2作品が1本になり、 すべての謎が解き明かされる全10話が収録。今回は『大逆転裁判2』より2つの事件を紹介。

英国淑女海水浴殺人事件

英国からの留学生が何者かに殺害される事件が発生! 事件発生時、 被害者と一緒にいた帝都勇盟大学・御琴羽研究室の助手、 村雨 葉織が逮捕された。

被害者が英国人ということで、 弁護人の成り手がいない中、 無実を訴える葉織の弁護を引き受けたのは、 成歩堂龍ノ介の”イトコ”を名乗る謎多き人物、 成歩堂龍太郎だった。

法廷で龍太郎を待ち構えるのは、 かつて成歩堂龍ノ介に敗れた、 因縁の亜内武土検事。打倒成歩堂に意気込む亜内検事は、 葉織の隠された犯行動機を暴く。はたして龍太郎は、 証言のムジュンを暴き、 葉織を救えるのか!? 

下宿の幽霊事件

夏目漱石の英国留学中、 漱石と同じ下宿の住人が何者かに殺害される事件が発生。被害者が最後に会い、 アリバイもなかったことで漱石は、 グレグソン刑事に逮捕されてしまう。

「あの下宿は悪霊に呪われている!」
度重なる災難に漱石は、 事件を悪霊の仕業と主張し、 自分も呪われているのだと、 下宿で起こった不審な死の噂を語り始める…。

呪われた下宿で連続する事件とは? 謎は深まるばかりの法廷で、 バンジークス検事は、 龍ノ介らを追いつめる新たな証人を召喚。 その人物とは? そして、 悪霊の正体とは!? 

連続ミステリードラマ仕立ての「予告編映像」が順次公開中

本作で巻き起こる事件を連続ミステリードラマ風に紹介する予告編映像が、公式Twitterアカウントにて順次公開中。

「大逆転1&2 開発ブログ ~倫敦への道~」開設

開発スタッフが本作を語る「大逆転1&2 開発ブログ ~倫敦への道~」が、 公式サイトに登場。高解像度化でより美しく、 新機能でさらに遊びやすくなった、 「法廷ミステリーエンターテインメントの決定版」の制作秘話は必見。

▼大逆転1&2 開発ブログ ~倫敦への道~
https://www.ace-attorney.com/great1-2/ja/blog/