Ubisoft、アサクリ最新作『Assassin’s Creed Infinity』(コードネーム)を発表 ─ ”時間と共に進化する巨大なオンラインプラットフォーム”との報道も

スポンサーリンク

ユービーアイソフトは、”アサクリ”シリーズの最新作となる『Assassin’s Creed Infinity』(※コードネーム)の存在を明らかにしました。

『Assassin’s Creed Infinity』は、Ubisoft MontrealとUbisoft Quebecが共同で開発しており、『アサシンクリード ブラザーフッド』や『アサシンクリード オデッセイ』などを手掛けたMarc-Alexis Côté氏が制作を指揮しているとのことです。

この発表は、「Ubisoftがアサシンクリードのライブオンラインゲームサービスを計画している」というBloombergの報道に続く形で行われたもの。記事を執筆したのは著名ゲームジャーナリストJason Schreier氏で、次のように書いています。

  • ユービーアイソフトは、『Assassin’s Creed Infinity』というコードネームで呼ばれる、”時間の経過と共に進化する巨大なオンラインプラットフォーム”の開発に着手しました。
  • これまでのアサシンクリードは、古代ギリシアやプトレマイオス朝のエジプトといった特定の歴史的舞台で展開されてきましたが、この『Infinity』では、複数の舞台が用意され、デビュー後、数ヶ月から数年の間に他の舞台へと拡大する余地があります。
  • このプラットフォーム上における各ゲームの見た目や雰囲気は異なるかもしれませんが、それらは全て繋がっています。
  • 開発は初期段階であり、ローンチは数年先になるでしょう。

ソース:Gematsu