3DS専用ソフト、日本ゲーム市場で初めて5ヶ月間で4タイトルがダブルミリオンセラーに

new3ds

任天堂は、同社のゲーム機ニンテンドー3DS用ソフトについて、過去5ヶ月に発売された4タイトルの国内販売本数(デジタル版含む)が12月7日時点でそれぞれ200万本を突破したと発表しました。該当タイトルは『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』(7月10日発売)、『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS』(9月13日)、『モンスターハンター4G』(10月11日)、『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』(11月21日)です。

任天堂によると、日本国内で精度の高いビデオゲームソフト推定販売データが市場調査会社により入手可能となった2000年以降、任天堂ゲーム機向けソフトで発売後累計販売本数が200万本を超えたソフトは、3DSで10タイトル、DSで14タイトル、Wiiで8タイトル、GBAで2タイトル存在するそうですが、5ヶ月という短期間に4タイトルがダブルミリオンを達成したことは、全ゲーム機を通じて一度もないとのことです。

また、3DSシリーズの国内推定販売台数が11月23日時点で1,700万台を突破したことも報告されています。

関連リンク
 ・任天堂

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事