ベセスダ、DMCやGoWなどシングルプレイアクションの優れた要素を備えた32人対戦F2Pアクション『BattleCry』発表

Featured Video Play Icon

battlecry_140529

ベセスダ・ソフトワークスが32人対戦が楽しめるPC向け基本無料タイトル『BattleCry』を発表しました。

スポンサーリンク

ゲーム概要とプロモーションムービー

  • 基本プレイ無料の32人対戦アクション。
  • 開発はZenimax Mediaグループが2012年にテキサス州オースティンに設立したBattleCry Studios。同スタジオは元BioWareのRich Vogle氏が率いている。
  • 『ハーフライフ2』や『ディスオナード』で知られるViktor Antonov氏もコンセプトアーティスとして参加。
  • 本作のコンセプトは、“デビルメイクライやゴッド・オブ・ウォーのような”シングルプレイアクションゲームの優れた要素、魅力的なアニメーションやエキサイティングで本能的な戦闘などを、マルチプレイゲームとして実現すること。
  • シールドに変わる剣など変形する武器も登場する。
  • “ROYAL MARINES”と“COSSACKS”の両軍に分かれて戦う対戦アクションで、Archer(弓兵)、Brawler(拳闘士)、Gadgeteer(電磁コイルガンなどの化学兵器を使い戦う)、Enforcer(大剣を持った剣士)、Duelist(詳細不明)といったクラスが登場。
  • ランクを上げると新たなアビリティがアンロックされるといった成長要素も用意。
  • 有料アイテムは主に外見を変化させるものに留めており、コアなゲームプレイ体験は無料。バトルそのものはスキルと費やした時間がモノを言う作りになっている。

関連リンク

 ・ファミ通.com

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事