アクティブゲーミングメディア、手塚治虫作品の関連プロジェクト発表に向けたカウントダウンを進行中。松山洋氏や須田剛一氏、山岡晃氏らも参加

edge-of-time_160822

trust-the-ministry_160822
Playismの親会社であるアクティブゲーミングメディアが「Turst the Ministry」と題したティザーサイトを公開し、プロジェクト発表に向けたカウントダウンを進行中です。

サイトでは、手塚治虫氏の代表的な作品である『鉄腕アトム』や『ブラックジャック』『火の鳥』『どろろ』『ロック・ホームの冒険』のものと思われるシルエットが順次表示されていく映像を背景に、奥浩哉氏、ヒロアキ氏、須田剛一氏、猫将軍氏、ヨシオカサトシ氏、松山洋氏、細川誠一郎氏といったアーティスト陣に加え、山岡晃氏とジョルジオ・モロダー氏という2名の作曲家の名前がプロジェクト参加メンバーとして列挙。そして、手塚治虫氏の息子にして手塚プロダクションの取締役である手塚眞氏がプロジェクトスーパーバイザーを務めることを明示しています。なお「EDGE OF TIME」なるワードも表示されますが、これが作品タイトルなのかどうかは不明です。

関連リンク
 ・Trust the Ministry

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事