『Metro』シリーズのPS4/XboxOneリマスター版『Metro Redux』今夏リリース決定

metro-redux (7)

核戦争によって荒廃した世界が舞台のサバイバルホラーFPS『Metro 2033』と、その続編『Metro: Last Light』を新世代機向けにリマスターした『Metro Redux』が正式発表されました。

スポンサーリンク

ゲーム情報

『Metro 2033 Redux』と『Metro: Last Light Redux』の単体DL版が各24.99ドルで、両作をセットにしたパッケージ版『Metro Redux Double Pack』が49.99ドルで今夏発売。対応ハードはPS4/XboxOne/PC。数ヶ月遅れでLinux/Mac/SteamOS版もリリース予定。

『Metro 2033 Redux』について

  • ビジュアルとゲームプレイに大量の改善を施す。
  • 『Metro: Last Light』版 4A Engine を使って再構築されており、ステルステイクダウンやマスクを拭き取るアクションなどを含む『Last Light』のシステムを統合。
  • オリジナルでは2レベルに分割されていた“Dead City”が1つのレベルに併合。
  • 低スペックPCでもオリジナルより軽快に動作する。

『Metro: Last Light Redux』について

  • 小規模なビジュアルとゲームプレイの改善。
  • 全DLCの統合。

両作品に、2つの難易度「Survival」と「Spartan」が追加

  • 「Survival」は、サプライや弾薬、リロードスピードに制限が追加されるほか、敵がよりタフに強化される。
  • 「Spartan」は、プレイヤーに多くの資源を提供するアクション志向のモード。

ほか、PS4版が1080p/60fps、Xbox One版が900p/60fpsで動作することも報告されています。

動画

ギャラリー

関連リンク

 ・doope!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事