『閃の軌跡III』ティオ、ランドルフ、オリヴァルト皇子が登場!メインキャストも明らかに

スポンサーリンク

日本ファルコムが9月28日に発売を予定しているPS4用ソフト『英雄伝説 閃の軌跡III』。本作に、ティオ・プラトー、ランドルフ・オルランド、オリヴァルト皇子の登場が判明しました。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

キャラクター新情報

ティオ・プラトー CV:水橋かおり

年齢16歳。エプスタイン財団クロスベル支部に所属する若き研究主任で、エイオンシステムの研究を行っている。クロスベル併合の後、一旦財団本部へ戻されたが、仲間たちのため再びクロスベルに戻ることを決意。帝国情報局の監視を受けながらも、主任としての仕事をこなしつつ、連絡役として水面下で活動中。

本作では、他の技術者との交流が見られ、意外な人物との接触も。

ランドルフ・オルランド CV:三木眞一郎

年齢24歳。赤い星座出身の元傭兵。Ⅷ組戦術科の担当教官。特務支援課が解散し、クロスベル方面軍警備部隊へと配属となった後も、仲間と共に粘り強く抵抗運動の準備を進めていた。しかし、ある人物の打診を受けクロスベル独立の可能性を見出すために一人で帝国へ向かうことを決意する。

本作では、教官として物語に深く関与。分校行きを打診したのは、過去のシリーズに登場し、なおかつ彼を自由に動かせる人物。

オリヴァルト皇子 CV:子安武人

年齢29歳。特科クラス《VII組》の発起人。オズボーンが周辺地域への侵攻を続ける中、ヴァンダール家が皇族の守護職を解かれたことで、己の権限が弱体化されたことを悟る。士官学院の軍事学校化を知った彼は最後の悪あがきとして第Ⅱ分校の設立を提案。さらにオズボーンに対抗するため帝国内の人脈に働きかける。

本作では、これまでに明かされなかった生い立ちや皇族としての立ち位置、皇帝が彼をどう思っているかにも触れる。オリビエとして行動する場面も。

キャスト

リィン・シュバルツァー CV:内山昂輝
ユウナ・クロフォード  CV:東山奈央
クルト・ヴァンダール  CV:江口拓也
アルティナ・オライオン CV:水瀬いのり
ミュゼ・イーグレット  CV:小清水亜美
アッシュ・カーバイド  CV:前野智昭
オーレリア・ルグィン  CV:住友優子
トワ・ハーシェル    CV:野中藍
ミハイル少佐      CV:杉田智和
G・シュミット博士   CV:大塚芳忠
アガット・クロスナー  CV:近藤考行
ティータ・ラッセル   CV:今野宏美