『ドラゴンクエストXI』過去のDQ世界へ行けるなど3DS版の特徴が公開!堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういち 座談会の掲載も

スクウェア・エニックスは7月29日に発売を予定しているPS4/3DS用ソフト『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の公式サイトを更新し、3DS版の特徴を紹介するページを公開しました。また、堀井雄二氏×鳥山明氏×すぎやまこういち氏の3名による座談会も公開されています。

スポンサーリンク

3Dモードと2Dモード、ふたつの体験を1本のソフトで!

3DS版『ドラクエXI』は1本のソフトで、ふたつの見た目を体験できる。立体的に描かれた世界でキャラクターが生き生きと動く「3Dモード」、懐かしのドット絵で描かれる「2Dモード」、どちらか好きな見た目でDQXIを体験しよう。

冒険の序盤は上画面と下画面が連動

冒険の序盤は3Dの上画面と2Dの下画面が連動。連動中は、スライドパッドだと上画面、十字ボタンでだと下画面に操作が反映される。

2D/3Dどちらかを選択
冒険が進むと、どちらの見た目で遊ぶかを選択。その後は、教会で見た目を切り換えられるようになる。

3DS版『ドラクエXI』ならではの戦闘システム

3Dモード

3Dモード3Dモード
いきいきと動くモンスターとのバトル。取り囲まれることも!

3Dモード
主人公に気づくとモンスターは襲い掛かってくる

3Dモード

2Dモード

2Dモード2Dモード
バトルを彩る多彩な表現!ドット絵で描かれる懐かしのバトル

2Dモード
歩いていると突然モンスターと遭遇する

2Dモード

それぞれのモードで名場面を振り返る「旅のおもいで」

旅の思い出旅の思い出

とある場所では「旅のおもいで」を見られるようになる。3DS版では、これまでに見た物語の重要な場面を好きなモードで見ることができるので、自分がプレイしていない方のモードの名場面も手軽に振り返れる。

すれちがい通信機能を活かした新たな遊び「時渡りの迷宮」を探検

3DS版には、時の化身たちのなかでも特別な一族である「ヨッチ族」が住む村があり、その村では“すれちがい通信”の機能を活かした新たな遊びが登場。

ヨッチ族だけが入れる「時渡りの迷宮」というダンジョンを自分で見つけたり、すれちがい通信で集めたヨッチ族を送り込んで探検できるというもので、時渡りの迷宮を踏破すると、さらなる驚きのお楽しみ要素がある。

ヨッチ族ヨッチ村
主人公に助けを求めるヨッチ族。導かれたのはふしぎな場所「ヨッチ村」

時渡りの迷宮時渡りの迷宮
ヨッチ族を集めて「時渡りの迷宮」を探検。探検中には、宝箱からアイテムを入手できることも。迷宮の奥では番人が待ち受ける。強敵を撃破してさらなる探検へ挑もう

ヨッチ族にはある重大な使命が……!?

実は、ヨッチ族には大切な使命があり、主人公に使命を果たす手助けをしてほしいのだという。ヨッチ族を助けるには、まず時渡りの迷宮で「冒険の書の合言葉」を見つける必要がある。

祭壇の間
謎の場所「祭壇の間」

汚された冒険の書冒険の書の合言葉
祭壇には汚された冒険の書が…。迷宮を探検して「冒険の書の合言葉」を探し出せ

「冒険の書の合言葉」を使ってたどり着いた場所はどこかで見覚えが…?

ガライの町リッカの宿屋
DQ「ガライの町」にDQIX「リッカの宿屋」?この世界の謎を解き明かすのはキミだ!
関連リンク
11番目のシリーズ本編最新作『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』PlayStation®4とニンテンドー3DS"で登場!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事