『サイコブレイク2』開発者インタビュー「ストーリーが素晴らしい」「精神的な怖さを伝えたい」など

ベセスダ・ソフトワークスが10月19日に発売を予定しているPS4/XboxOne用ソフト『サイコブレイク2』について、三上真司プロデューサーとJohn Johanasディレクターのインタビュー情報が明らかとなっています。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

開発者インタビューより

  • 開発が始まったのは、前作最後のDLCが終わった2015年夏頃。
  • 最初の舞台を広めに設定し、ミッションだけではなく色々な遊びを用意した。自分のペースで自由に行動できる要素がある。
  • 本作ではスニークを含めてプレイヤーが好きな遊び方で楽しめるようになっており、前作のようにチャプターによってプレイスタイルが決まるようなことはない。
  • スキルのアンロックや、集めた素材で武器や銃弾を作成できるクラフティングシステムを搭載。
  • テーマは、ホラー要素を強化するのではなく、前作の設定を活かして魅力的なストーリーを堪能してもらうというもの。
  • 今作ではグロテスクよりも、精神的な怖さを伝えたい。
  • ストーリーが本当に素晴らしい。特に後半が良いので、難しいからと放棄するのはもったいない。
  • ストーリーは前作と繋がっている部分もあるため、未プレイの人が分からないことがないように説明を用意している。
  • 難易度選択を搭載。カジュアル、サバイバル、ナイトメア。前作の難易度が好きならナイトメア。三上氏のおすすめはカジュアル。
  • 前作ほど細かくチャプターが分かれてないため、ロード画面がほとんどない。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事