『モンスターハンター:ワールド』新フィールド「瘴気の谷」と出現モンスターの情報が公開!

カプコンは2018年1月26日に発売を予定しているPS4用ソフト『モンスターハンター:ワールド』について、第4弾PVに登場した新フィールド「瘴気の谷」と出現モンスターの情報を公開しました。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

新フィールド「瘴気の谷」

瘴気の谷
新フィールド「瘴気の谷」屍や骨が幾重にも積み重なった谷とそれらを利用する分解者の生態系が広がる。菌糸や酸の泉が形づくる幻想的な場所もあるようだ。中でも、有機物を食料とするバクテリア群“瘴気”は、この谷特有のものである。瘴気に侵されたモンスターは凶暴性を増す。

瘴気の谷瘴気の谷瘴気の谷

モンスター「オドガロン」

オドガロン
「オドガロン」は屍肉を求め瘴気の谷を徘徊しているモンスター。他のモンスターへも躊躇なく攻撃を仕掛け、仕留めた獲物や肉片を巣に持ち帰る習性を持つ。別名「惨爪竜(ざんそうりゅう)」と呼ばれる。

オドガロン

モンスター「ラドバルキン」

ラドバルキン
「ラドバルキン」は瘴気の谷に残された屍の骨を食べ、全身にその骨を纏う獣竜種。身体を丸め、転がるようにして移動や攻撃を行なう姿が目撃されている。別名「骨鎚竜(こっついりゅう)」と呼ばれる。

モンスター「ドスギルオス」

ドスギルオス
「ドスギルオス」は台地から落ちてくる獲物の肉を求め、ギルオスを引き連れ徘徊しているモンスター。大牙には麻痺毒を持ち、これで獲物を仕留める。別名「痺賊竜(ひぞくりゅう)」と呼ばれている。

モンスター「ギルオス」

ギルオス
「ギルオス」も牙に麻痺毒を持ち、群れで活動する。ギルオスは瘴気に侵され攻撃性を増した個体も多いため、取り囲まれてしまうと危険。

モンスター「レイギエナ」

レイギエナ
「レイギエナ」は捕食対象であるラフィノスの群れを狙って姿を現わし、全身から冷気を放って獲物の動きを鈍らせながら狩りを行なう。別名「風漂竜(ふうひょうりゅう)」と呼ばれている。

第4弾PV

関連記事
PS4『モンスターハンター:ワールド』ベータテストが国内でも実施決定。PS Plusユーザーを対象に12月9日よりスタート
昨夜、海外向けにアナウンスされたPS4『モンスターハンター:ワールド』のベータテスト開催ですが、さきほど国内に向けても正式アナウンスが行われ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事