PS4向けVRシステム『Project Morpheus』有機ELディスプレイ搭載、120fps表示に対応するなどした新型試作機が発表!2016年上半期中の商品化が目標

project_morpheus

SCEは、現在開催中の「Game Developers Conference 2015」において、PS4向けバーチャルリアリティシステム『Project Morpheus』の新型試作機を発表しました。

新型Morpheusは、従来の試作機から「有機ELディスプレイ採用」「120fpsの映像表示に対応」「トラッキング性能の向上、遅延時間の低減」「着脱しやすく、快適な装着感」といった改良が加えられ大きな進化を遂げています。

スポンサーリンク

Project Morpheus 新型試作機 改良点

有機ELディスプレイ採用

MorpheusのVRヘッドセットには、従来機の5インチの液晶ディスプレイにかわり、解像度1920×RGB×1080の5.7インチの有機ELディスプレイ(OLED)を採用しました。これにより視野角が向上するとともに、映像の残像感やブレを大幅に低減させることが可能になり、細緻に描き出されたゲームの仮想世界に入りこんでいるような感覚を高めます。

120fpsの映像表示に対応

OLED採用に伴い、120fps(frame per second)の映像表示に対応し、1秒間に120回の画像表示ができるようになりました。さらに、全てのPS4™はシステムソフトウェアのアップデートにより、Morpheusに接続して使用する際に120fpsの映像出力が可能になります。これらを組み合わせることで、Morpheusのディスプレイが非常に滑らかに仮想世界を表現し、ゲームの世界の中に自分自身が存在するかのような体験を、より自然に楽しむことができます。

トラッキング性能の向上、遅延時間の低減

従来機のVRヘッドセットに搭載していた6つのLEDの数を9つに増やしたことにより、VRヘッドセットを装着したユーザーの頭部の位置をPlayStation®Cameraがさらに正確に検知します。また、検知した頭部の動きを映像に反映するまでの遅延時間が、システム全体の最適化を通じて減少したため、頭部の動きにより一層即したVR体験を可能にします。

着脱しやすく、快適な装着感

従来機のVRヘッドセットで採用した、顔面への圧迫感や疲労の少ないバイザースタイルを継承しながら、一本のバンドだけで頭部に固定する構造にすることで、より簡単にVRヘッドセットを着脱することができるようになりました。また、部品構造の見直しと最適化を図ることで軽量化を実現し、さらに快適にVR体験をお楽しみいただけます。

なお、Project Morpheusは、2016年上半期中の商品化を目指して開発しているとのことです。

関連リンク
 ・PlayStation.com

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事