バンナム馬場P、テイルズについて「今のところWii Uなどで発売する予定はない」と発言。世界で多くの人に遊んでもらえるハードを選んでいるとのこと

バンダイナムコスタジオで主にテイルズオブシリーズを手掛けている馬場英雄プロデューサーが「日本、世界で多くの方に遊んでいただけるハードを選んでいる」と語ったことが分かりました。

これは、6月13日~15日にオランダで開催されているイベント「Anmie 2014」における『テイルズ オブ ハーツR』&『テイルズ オブ エクシリア2』のステージに登壇した馬場英雄プロデューサーが、テイルズオブシリーズの現在のハード戦略について問われ回答したもの。

Q. 今のテイルズオブシリーズのハード戦略

A. 一番、日本、世界で多くの方に遊んでいただけるハードを選んでいます。
なぜかというと、テイルズオブシリーズで遊びたいけどあのハード持ってないから遊べないやとか、そのハードを買って遊ばなきゃならないからソフト以上のお金がかかっちゃうとか、そういうったことはなるべく避けたくて、皆さんがトータル的に一番持ってるハードで出すことで皆さんが楽しんでもらえる環境を作っていきたいと考えています。

なので今後はWiiUとかそういったコンソールで今のところ出すという予定はないので、なんとも言えないんですけどPS3でエクシリア2も(海外で)発売しますし、ゼスティリアもPS3ということで一番多くの方に遊んでもらえるハードというふうに思ってます。

以上のように、シリーズのファンがなるべくゲームソフト購入以外の部分で負担を強いられることがないよう、最も遊ばれているハードで展開していくというのが基本戦略とのこと。よって、あくまでも現状としては、Wii Uなどのハードで発売する計画はないとしています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事