スポンサーリンク

PS4『閃の軌跡IV』アルフィン、エリゼ、トワ、サラ、オーレリアの情報が判明!(更新:「回収されない伏線はない」など近藤社長インタビュー追記)

日本ファルコムが9月27日に発売を予定しているPS4用ソフト『閃の軌跡IV』の最新情報が明らかとなっています。

【更新:2018/07/25 18:10】スクリーンショット追加
【更新:2018/07/25 20:25】近藤社長インタビュー追加

スポンサーリンク

『閃の軌跡IV』最新情報

アルフィン皇女

「そんなものはどうでもいい!
わたくしたちに必要なのは家族の話よ!」

家族とバラバラになるも皇族の一人として自ら立ち位置を見出す。セドリックと向き合う場面も。

エリゼ・シュバルツァー

「関係ありません……
たとえお兄様がどんな姿になろうと……」

新旧VII組と連絡が取れない状態。リィンの出自を知ったときの反応がポイント。パトリックと二人きりになることもあるのでお楽しみに。

トワ・ハーシェル

「無理矢理にでも背負わせるんだから……
友達だからこそ!」

どこにいるのかわからない状態。元先輩チームの絆が大きな見所。一人になったトワは現状にどう向き合うか……が主軸に。

詳細は話せないが、アルフィン、エリゼ、トワの3人は何らかの形でプレイアブルになるかもしれないとのこと。

サラ・バレスタイン

「あたしの大切な教え子を取り戻すのを
邪魔するんじゃないよ!」

ほかの遊撃士と連携をとって行動。エステル、ヨシュアとの連携も?軌跡シリーズ久々の遊撃士協会を中心としたシーンも。

オーレリア・ルグィン

「我は羅刹、戦場を蹂躙する黄金の軍神!
宝剣アーケディアの前にひざまずくがよい!

決起軍の将として指揮を執る立場に。強者に突っ込んでいく破天荒らしさはかわらず。ミルディーヌに仕えることになった、黄金の羅刹と呼ばれる理由、ある人物との意外な関係も語られる。

ヴァイスラント決起軍

帝国正規軍との戦力差は絶望的。ミュゼの一手が物語の大きな鍵に。

近藤社長インタビューより

  • 軌跡シリーズはとしては今後も続いていくし、ゼムリア大陸の謎というものが『閃の軌跡』から新たに見えてくる。
    今までこうだと思っていた世界が実は!みたいな。そこからの流れが、カルバード共和国編かもしれないし、レマン自治州編かもしれない。どうなるかわからないが今後の軌跡シリーズに引き継がれていくことになる。
  • 少なくとも帝国で起きた事象において「回収されない伏線はありません!」とようやく胸を張って言える。
  • 主人公はリィンなので、これまで通りメインストーリーはリィンの視点で描かれる。
  • リィン不在のときはエステル&ヨシュア、ロイド、特務支援課の視点で進む。
  • リィンが復帰するまでの過程は今までとは違った見せ方で見所の1つ。
  • メインストーリーはリィン中心なので、謎の解明や伏線の回収はクエストや絆イベントでフォローする。
  • ヨシュアとレオンハルト、アッシュはハーメルでどうやって生き残ったのか、誰に連れられラクウェルまで行ったのかも同様。

関連リンク

『英雄伝説 閃の軌跡IV』帝国の至宝アルフィン皇女を始め、美しく芯の強い女性陣を紹介!【先出し週刊ファミ通】 - ファミ通.com
週刊ファミ通2018年8月9日号(2018年7月26日発売)では、『英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-』の最新情報を掲載。
『閃の軌跡IV』最新情報 その3 帝国で起きたことで「回収されない伏線はありません!」 | ゲームよりどりサブカルみどりパーク
PS4
スポンサーリンク
game2talk@gmail.comをフォローする
スポンサーリンク

関連記事




ゲーム情報!ゲームのはなし