『仁王2』安田P&Dインタビュー:もし『仁王3』があるなら「オープンフィールド採用するかも」「三国志の時代ありかも」|最新アップデートVer 1.25 配信開始

スポンサーリンク

コーエーテクモゲームスの人気アクションRPG『仁王2』。2月4日にはPS5、2月5日にはSteam版が発売される本作ですが、プロデューサー兼ディレクターを務めた安田文彦氏のインタビューがファミ通最新号に掲載。その内容の一部が明らかとなったのでご紹介します。

『仁王2』安田文彦氏インタビュー情報

  • 開発チームはエゴサ大好き。ほぼ見ていると思っていただければ(笑)
  • ストーリーの反響があまりないのでもっと語って(笑)
  • PS5版はPS4版最適化時に無くした要素も盛り込まれている。
  • アダプティブトリガー機能にも対応。重みが邪魔に感じるならオフにすることもできる。あくまで演出や体験の一つとして楽しんでいただければ。
  • 『仁王』はフロムさんのダークソウルシリーズにインスパイアされたタイトルでもある。
    『ダークソウル』の持つオープンワールドの側面を踏襲する予定だった。もし『3』があるならオープンフィールドを採用するかも。
  • ただ『仁王』は2でいったん区切りがついたと思っており、続編の予定は決まっていない。
  • 海外が舞台なら三国志の時代とかありかも。
  • 『NINJA GAIDEN』新作は作りたいがGOサインがでない(笑)他の計画もいろいろある。

ソース:ゲームよりどりサブカルみどりパーク

最新アップデートVer 1.25 配信開始

また、本日2月3日より、各種調整と不具合修正を適用する最新アップデートVer 1.25の配信が開始されました。

Ver 1.25 アップデート2021/02/03

調整

  • 「奈落獄・深部」の6層以降のボスについて、以下を調整
    • 気力ダメージを与えやすくなるように大きく緩和調整
    • 体力を上方調整
  • 「仁王の一難」に付与される体力の自動回復について、ダメージを与えた際に自動回復が一時停止する時間を増加調整
  • 「立烏帽子」の高難易度での大技頻度を上方調整

不具合修正

  • 斧武技「旋滑り」が、致命ダメージの攻撃に対して正常に発動しない不具合を修正
  • 刀武技「暗影朗月」が、「暗影剣」の残心で回復できる気力量を引き継がない不具合を修正
  • 「大入道」の頭部に矢弾がヒットせず貫通する場合がある不具合を修正
  • 「ソハヤ衆」に矢倉崩しで投げられた際、ダメージが発生しない不具合を修正
  • 「なまはげ」「黄泉軍」「敷次郎」が気力切れから復帰する際の攻撃を「猪の子捻り」で返す事ができる不具合を修正
  • 「常世同行」のボス戦で救援ゲージがない状態でホストが落命すると、同行NPCの攻撃が敵にヒットしてもダメージが与えられなくなる不具合を修正
  • 「プレイレコード」の「奈落獄を一度の挑戦で進んだ階層数」について、「最高クリア階層」を更新したときしか反映されない不具合を修正
  • 「妖怪図説」の「大蝦蟇」の耐性に誤りがあった不具合を修正
  • その他、軽微な不具合を修正

ソース:公式サイト