『ロックマン』シリーズ初のハリウッド実写映画化が決定

カプコンは、『ロックマン』シリーズがハリウッドで実写映画化されることが決定したと発表しました。

配給会社は20世紀フォックス、制作は『猿の惑星』シリーズなどで知られる米チャーニン・エンターテイメント社、監督と脚本はアリエル・シュルマン氏とヘンリー・ジュースト氏、プロデューサーは『HEROES』での好演が話題となったマシ・オカ氏が担当します。

『ロックマン』の世界観をベースに、ハリウッド作品としてのエンタテインメントや壮大な演出によって、ゲームファンだけでなくアクション映画ファンまで幅広い世代が楽しめる作品を目指すとのことです。

「ロックマン」シリーズ初のハリウッド実写映画化が決定!~ 誕生30周年の節目を契機として、ブランドのさらなる活性化を図る ~

株式会社カプコンは、当社の人気コンテンツ「ロックマン」が、初めてハリウッドで実写映画化されることが決定しましたのでお知らせいたします。

「ロックマン」シリーズは、ファミリーコンピュータ向けアクションゲームとして1987年に第1作を発売以来、累計販売本数3,200万本(2018年6月30日時点)を誇る当社主力ブランドのひとつです。キャラクターのルックスと、それに反する硬派なゲーム性が支持を受け、多数の派生作品を含め、発売から30年以上を経た今なお若年層からコアゲーマーまで根強い人気を獲得しています。さらに、そのブランドはキャラクターグッズ、コミック、TVアニメや映画など、グローバルで多彩に展開されています。また、ゲームでの最新作『ロックマン11 運命の歯車!!』は、欧米では2018年10月2日、日本では本日4日に発売を開始しています。

この度製作を決定した『MEGA MAN(仮称、ロックマンの海外名称)』は、20世紀フォックス社から配給される予定です。制作は「猿の惑星」シリーズなどを手掛けた米チャーニン・エンターテイメント社が担当し、監督と脚本はアリエル・シュルマンとヘンリー・ジュースト、プロデューサーは「HEROES」での好演などで知られるマシ・オカ氏が務めます。長年親しまれてきた「ロックマン」の世界観を踏襲した上で、ハリウッド作品としてのエンタテインメントや壮大な演出により、ゲームファンのみならずアクション映画ファンまで、幅広い世代が楽しめる作品を目指します。

当社では、ワンコンテンツ・マルチユース戦略に基づき、豊富なオリジナルゲームコンテンツを活用した映像化に積極的に取り組んでいます。2017年には、ハリウッド映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」を公開(国内は2016年12月)したほか、2018年8月から、北米でTVアニメ「メガマン:フリィチャージド」の放送が始まっています。
当社は、今後も映像メディアの持つ高いプロモーション効果を最大限に活用し、ゲームコンテンツのブランド価値を高めてまいります。

【ハリウッド映画『MEGA MAN(仮称)』概要】

1. タイトル名:MEGA MAN(仮称)
2. 配給会社 :20世紀フォックス社
3. 公開予定日:未定

引用元:カプコン