SIE WWS ショーン・レイデン会長、ソニーのE3 2019不参加の理由を明らかに

スポンサーリンク

SIEワールドワイド・スタジオのショーン・レイデン会長が、CNETとのインタビューの中でソニーがE3 2019に参加しない理由などについて語りました。

レイデン会長は、毎年2月に開催しているDestination PlayStation(※ソニーがPSブランドに関する計画とソフトウェア&ハードウェアスケジュールについて概説するビジネスイベント)で、全ての小売業者とサードパーティのパートナーはその年の予定を知ることができることや、ジャーナリストはインターネットを通じて四六時中ゲームの情報を取得することができることを挙げ、90年代は小売業者とジャーナリストにとって有益な存在だったE3も、今となってはその影響力を失っており実りのない場になっていると分析。

そして、「我が社は少数だが大規模なゲームを長期に渡って制作する決断を下したため、2019年6月のE3で伝えるニュースがなくなってしまった」とE3不参加の直接的な理由を明確にしています。

Source: IGN