『Days Gone』最高難度「サバイバルモード」6月に実装決定!モンスター化した動物を紹介する映像も公開。さらに、リアルな降雪表現が注目集める

SIEが明日4月26日に発売するPS4向けオープンワールドサバイバルアクション『Days Gone』。本作には、イージー/ノーマル/ハードという3段階の難易度が用意されていますが、6月のアップデートで「サバイバルモード」が実装されることが決定しました。

サバイバルモード実装へ

サバイバルモードでは、敵が強くなるといった面での難易度向上だけに留まらず、ファストトラベルやサバイバルビジョンといった機能が廃止され、さらにマップやインジケーターといったHUDも取り除かれます。システム的なサポートも取り払われるというこの過酷な試練を乗り越えたユーザーには、専用トロフィーやユニークなバイクスキンが贈られるとのことです。

また同じく6月からは新たなアイテムや報酬を獲得できる追加チャレンジDLCが毎週無料で配信されることも告知されています。

感染によりモンスターと化した動物たち

感染した動物たちは凶悪なモンスターと化してディーコンに襲いかかってきます。この映像では、巨大熊Rangers、バイクで疾走するディーコンに追いつき襲いかかってくる狼のRunners、空から飛来する黒い悪魔(カラス)のCriersなどが紹介されています。

Days Gone – Infected Predators | PS4

リアルな降雪表現が話題

話は変わりますが、本作のダイナミックな天候変化における降雪表現が注目を集めているようです。降り始めた雪は徐々に堆積し、周囲を銀世界へと変えていきます。そして、降り積もった雪のうえを歩けばちゃんと足跡が残ります。

Days Gone PS4 – Unique Real Time Snowfall/Weather
Source: PS.Blog / Automaton