神谷英樹氏と中村育美氏、カプコンに対して『大神』続編制作の意欲を訴えるビデオメッセージを投稿

スポンサーリンク

今はなきクローバースタジオから生まれた名作アクションアドベンチャー(公式ジャンルは“ネイチャーアドベンチャー”)『大神』。そのディレクターを務めた神谷英樹氏と、同作の舞台制作や『ベヨネッタ』のコンセプトアーティストを務めた中村育美氏の両名が、Capcom USA公式Twitterアカウントならびに大神シリーズ公式Twitterアカウントへ向けて、『大神』続編制作の強い意欲・願望をアピールするビデオメッセージを投稿しました。

ムービーでは、神谷氏が「Okami is going to be back.(大神は戻ってきます)」と発言。それに対し、中村氏が驚きの表情と共に「Really?(本当なの?)」と問いかけると、神谷氏が自信満々に「Really(本当です)」と返答するというやり取りが収められています。

また、当該ツイートには「大神は戻ってきます!私達は大神の続編を作りたいですし、ファンもそれを楽しみにしています。みなさん、神谷さんの大神をもう一度見たいですよね?私もやってみたいです!大神をまた作りたい私たちです。」という文章が添えられています。