『FAIRY TAIL』プレイアブルキャラクター「ラクサス・ドレアー」「ミラジェーン・ストラウス」「ジェラール・フェルナンデス」公開!

スポンサーリンク

コーエーテクモゲームスは2020年3月19日に発売を予定しているPS4/Switch/Steam用ソフト『FAIRY TAIL』の公式サイトを更新し、キャラクターとシステムに関する新情報を公開しました。

スポンサーリンク

キャラクター

雷の滅竜魔導士 ラクサス・ドレアー

CV:小西克幸

雷の滅竜魔法を操る滅竜魔導士ドラゴンスレイヤー。フェアリーテイルのS級魔導士の一人だが、過去に起こした事件が原因でギルドを破門されていた。人とのコミュニケーションが苦手で仲間と衝突することも多いが、仲間を想う気持ちは人一倍強い。

ギルドの看板娘 ミラジェーン・ストラウス

CV : 小野涼子

フェアリーテイルの看板娘で、たまに雑誌のグラビアにも出ている有名人。
今は現役を引退してギルド内の仕事を手伝っているが、元はS級の実力を持つ魔導士。変身魔法を得意とし、戦闘時には「接収テイクオーバー・サタンソウル」を駆使する。

天体魔法の使い手ジェラール・フェルナンデス

CV : 浪川大輔

かつて魔法評議院を巻き込んだ大事件を起こし、罪人として捕らえられていた魔導士。自らの犯した罪を償うため、非正規のギルドを立ち上げ、魔法界全ての悪を討つことを目標に活動している。高い魔力を持ち、強力な「天体魔法」を操る実力者。

システム「交流」

ゲームならではのオリジナルエピソード

キャラクターストーリー

メインとなるストーリーを進めていくだけでなく、並行してキャラクター達の交流を描いた個別のオリジナルストーリーも進めることができます。
ストーリーをクリアすることで「キャラクターランク」が上がり、バトル中で使用できる「スキル」を新たに習得します。

エルザに「大事な話がしたいので一人で森まで来てほしい」という趣旨の匿名の手紙が届く。しかし待っていたのはミネルバだった。
マグノリアで年に一度開かれる収穫祭。ラクサスはミラジェーンに言いくるめられ、収穫祭の準備を手伝うことになる。
スティングとローグが言い合いになり、どちらが先に依頼を達成できるかで勝負することになる。成り行きでスティングはナツ、ローグはガジルとコンビを組むことになった。
「愛」にまつわる話を探して、妖精の尻尾に遊びに来たシェリア。ジュビアに話を聞くことで、グレイへの愛をたっぷり語られる。
言い争いスティングたちを尻目に、談笑するリリーたち。

絆会話

同じパーティで戦った仲間同士は、だんだん絆が深まっていき、絆が深まると、「絆会話」が発生し、ゲームオリジナルの会話をみることができます。
ギルドの垣根を超えたキャラクターたちの交流など、本作でしか見ることができないエピソードも収録。

グレイの容姿に目をつけてギルド「青い天馬」への勧誘を行う一夜。
仕事の悩みがあるようなミラジェーンに気づいて手伝いを申し出るも、内容を聞いて逃げようとするジュビア。
ドラゴンスレイヤーでありながら、「ネコ」を連れていないラクサスに、ネコ…エクシードたちの素晴らしさ、可愛さを力説するガジル。