ソニー吉田社長「PS5向けタイトルはファーストパーティとサードパーティの強力なラインナップを近々紹介予定」

スポンサーリンク

ソニーの社長兼CEOである吉田憲一郎氏は、本日の経営方針説明会において、「PS5ではスピード、触感、音が一体となることで、PS4での素晴らしい体験をさらに高め、次世代機にふさわしいこれまで実現できなかったゲーム体験を提供できるようになります。こうした新しいゲーム体験を提供するPS5向けゲームタイトルも、ファーストパーティ、サードパーティともに準備が進んでおり、強力なラインナップを近々ご紹介する予定ですと述べました

ほか、既出情報ですが、PS5ではPS4と比較して100倍の読み込み速度を実現していることや、ハプティック技術やアダプティブトリガーを採用した新ワイヤレスコントローラー「DualSense」について、3Dオーディオ処理専用ユニットを搭載することで多様かつ複雑な3Dオーディオの表現が可能になるといったPS5の特徴を紹介。

また、2019年10月に価格改定やカタログ強化などを実施しサービス内容を大きく進化させたPS Nowの会員数が2020年4月末現在で220万人に達したことや、リモートプレイの月間アクティブユーザーが約2.5倍に増加したこと、そしてPS Plus会員数が4,150万人を突破したことも報告されました。