噂:任天堂はしばらく「Nintendo Direct」を放送せず『ペーパーマリオ オリガミキング』のようなサプライズ発表を行う ─ VentureBeatが報じる

スポンサーリンク

米メディアVentureBeatは先日、任天堂が2013年から毎年E3開催にあわせて放送している6月の「Nintendo Direct」について、今年は放送しないことを決め、開発パートナーにその旨を伝達していると報道しました。これは、新型コロナウイルス感染症拡大を防ぐための在宅勤務によって、スケジュールの延期を迫られた為とのこと。本来であれば、2020年後半のファーストパーティスケジュールが発表される予定であり、そこにはスーパーマリオシリーズ35周年のハイライトも含まれていたとしています。

そして本日、VentureBeat(記者Jeff Grubb氏)は任天堂に関する新たなレポートを投稿。それによると、任天堂は6月の「Nintendo Direct」だけでなく、今後の「Nintendo Direct」についても現状は全く計画しておらず、開発パートナーに対して、大きな発表があってもDirectを待たないように指示していると報道。今後任天堂は、先日の『ペーパーマリオ オリガミキング』のような突然の発表を繰り返すことになるだろうと綴り、『ピクミン3 デラックス』、『3Dマリオ リマスターズ』、『スーパーマリオ3Dワールド デラックス』といった作品の発表が続くと言及。さらに、これら以上のサプライズが用意されているかもしれないが、再び「Nintendo Direct」が放送できる準備が整うまでは保留される可能性があると指摘しています。