『ファイナルファンタジーVII エバークライシス』各章は無料配信、課金要素は武器ガチャ、オリジナルエピソードありなど詳細判明

スポンサーリンク

スクウェア・エニックスが2022年に配信を予定しているiOS/Android用ゲームアプリ『ファイナルファンタジーVII エバークライシス』について、野村哲也氏のインタビューより様々な詳細が明らかとなりました。

  • 配信される章は無料でプレイ可能。
  • 課金は基本的には武器ガチャ。特別な武器の場合、オリジナルコスチュームがセットで入手できるなど、原作にはない楽しみ方が付随する。
  • 各章のボリュームについて。例えば、原作『FFVII』だと10章くらいにまとめる予定。より具体的に言うと3章でミッドガル脱出。
  • オリジナルエピソードの用意もある。まずは『FFVII ザ ファーストソルジャー』の設定をストーリー化したものをオリジナルエピソードとして配信。『FFVII FS』は本編よりも30年前の物語のため、若き日の英雄はもちろん、後の神羅役員たちや今後の『FFVII リメイク』続編にも登場する人物たちの若き日も描かれる。
  • ストーリーモードとは別に、コンピレーションの垣根を超えて挑戦できる特別なダンジョンやバトルも用意。自分の思い描く夢のパーティーで強敵とのバトルが楽しめる。
  • 音楽は原作サウンドをベースにアレンジする予定。
  • 原作のイメージに合わせて、フィールドではデフォルメ、バトルでは頭身が上がる。原作以外のコンピレーションタイトルにこのルールはなく、バトルシステムも全く異なるが、本作では統一したフォーマットで構成しつつも、各タイトルのイメージを損なわないようこだわって制作。
  • コンピレーション各タイトルを現CS機で遊びたいという要望は届いる。『FFVII EC』はその代わりではなく、あくまでも気軽に『FFVII』の各タイトルに触れてもらうというコンセプトで設計している。

ソース:ファミ通.com